科学と技術

科学の力で絶対に人の身体を切ることがない不思議なノコギリ「SawStop」


電動ノコギリには色々な安全装置が装着されていますが、それにも関わらず人体の切断事故はたくさん発生しています。そんな状況を科学の力でなんとかできないか……ということで開発されたこちらの丸のこ「SawStop」は、ちょっとでも肉体が当たると1発で丸のこを止めるすごい安全装置を備えています。


まずはこちらのデモから。ソーセージをほとんど傷つけることなく丸のこがストップしています。
SawStop Hot Dog Demo – YouTube

秘密は丸のこ自体と、こちらのブレーキシステムにあります。

SawStopは丸のこの静電容量を常に計測しており、肉体に触れると信号を発します。スマートフォンのタッチパネルと同じように木材では反応しませんが、手の指などには反応します。

そうするとブレーキカートリッジ内の火薬が発火、アルミブロックが丸のこをがっちり受け止めストップさせる仕組みです。アルミブロックは潰れることで衝撃を受け止める使い捨て式で一つ70ドル(約7000円)ほど。

このシステムを使えば、このようにうっかり指があたっても……

まさしく瞬時に刃が下に引き込まれストップするのです。仮に手袋をしていても肉体に当たった瞬間に止まります。

仕組みを説明してくれる動画
SawStop: How It Works – YouTube

くぼみと磁石を利用して釘を抑えなくても最初の一発をキメることができるカナヅチなど、本当にちょっとした工夫でも防げる事故はたくさんあります。

もちろんここまでやってもケガをしようと思えばケガはできるのですが……どんな道具も最後に悪用するのは人間です。

ソース:SawStop | America’s Number One Cabinet Saw | SawStop

関連記事

人間には不可能な精度と速度で刃物を扱う産業用ロボットのパフォーマンス・デモ動画 - DNA

目からウロコのアイディアで誰でも簡単に「最初の一発」が打てるカナヅチのデモ映像 - DNA

「コヨーテとノコギリのための二重奏曲」の動画 - DNA

ロシアの戦略ミサイル軍は最終兵器「核ミサイル発射用ハンマー」をもっていた - DNA

[字幕動画]日本の伝統を受け継ぐ「青い眼の刀鍛冶」のドキュメンタリ映像「Carter」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧