科学と技術

Google Glassで撮影されたインディカーレースのピットクルーの視線映像


Google Glassを装着したインディーカーのドライバー、そしてピットクルーたちの視点から撮影された映像です。「1950年と現在のカーレースのピット作業の圧倒的な速度差が分かる動画」のように、年を経る毎にピット作業技術が進化しており、非常に素早く作業が行われる現場でのタイヤ(前後)と燃料のピットクルー3人の視点を見ることが出来ます。

これらの映像は日本人レーサーの佐藤琢磨も所属したことのあるレーシングチーム「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング」をインディアナポリス・モーター・スピードウェイで撮影したものです。

1.レーシングドライバーもGoogle Glassをセット

2.サーキットを走行中のドライバの視界はこんな感じになっています

3.そして、Google Glassを装着したピットクルーが待つところへピットイン。

4.「フロントの左タイヤ」を交換するピットクルーの視点

5.「燃料」を入れるピットクルーの視点

6. 「リアの左タイヤ」を交換するピットクルーの視点

7. 最後は、全ての視点を合わせた映像です

ピットクルー気分をじっくりと味わってみてください。動画はこちらから。
Engage Mobile Presents "The Art of the Verizon IndyCar Pit Stop" with RLL Racing using Google Glass – YouTube

また芸術的なピット作業をじっくりと見てみたい場合、「芸術的ピットストップ、2秒しかかからないタイヤ交換作業をスローモーションで見られる『Art Of Pit Stop』」がお勧めです。

関連記事

2011年ごろの「初代」Google Glassはこんなにも巨大だった - DNA

特許文書からみたGoogleの眼鏡型デバイス 「Glass」の秘密 - DNA

Google Glassを使って消防士用の支援アプリを制作した消防士さん - DNA

「Google Glass」での写真や動画の撮影は注意が必要かも? - DNA

誰でも凄腕ハスラーになれる夢のビリヤード・アシスト・システムの実演動画 - DNA

わずか2.4秒でタイヤ交換、チーム・マクラーレンによる世界記録達成の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧