科学と技術

航続距離200kmを超えたレトロデザインの電動バイク「Johammer」


バイクの世界では「レトロ風」というのが1ジャンルとなっていますが、こちらの「Johammer」は古いスクーター風のカウルに、航続距離200kmという画期的な電動デバイスを詰め込んだバイク。こうした新しい乗り物がどんどん普及してほしいものです。


1. 開発したのはオーストリアで電動モビリティやそのバッテリーを開発するJohammer社。非常に古いスクーターのモチーフを持ち込んだような、独特なデザインとなりました。

2. 動力は後輪内部に位置するインホイルモーター。ハブセンター・ステアリング式のフロントホイルとあいまって、内部のデザインの自由度がかなり上がっています。

3. そういうわけで中身はほぼ全部バッテリー。

4. 回生ブレーキも組み込んだモーター部分

5. 意外とタイヤは細いように見えますね。

6. 12.7kWhのバッテリーはとにかく巨大です。4年間で85%の性能維持、20万kmの寿命を保証しています。

7. メーター等はミラー下部に表示する方式

8. なんといっても400ccバイクと同程度となる200kmの航続距離を達成しているのが画期的です。

デザインはレトロでかわいい感じなのですが、いずれの機構も最新式な上生産数もそれほど多くはないのでお値段がちょっとすごいことになっております。2万3千ユーロ~2万5千ユーロ(約318~346万円)と車が買えそうなお値段。

ただし同社では「電動バイクでゆくオーストリア・ツーリング」ツアーも用意されていて、工場見学とセットの1日レンタルを290ユーロ(約4万2千円)で提供しています。

ソース:Elektromotorrad | JOHAMMER e-mobility

関連記事

流線型のグラマラスなカウルがかっこいいカスタムバイク「1930 Art Deco Henderson」 - DNA

BMWモトラッド、伝統の「空冷水平対向エンジン」搭載のネオクラシック・バイク開発中、90周年を記念し2013年にリリース予定 - DNA

お値段25万円の250cc単気筒カフェレーサー「Cleveland CycleWerks Misfit」 - DNA

ロイヤルエンフィールド、カフェレーサー風の新車「Continental GT(コンチネンタルGT)」を発表 - DNA

まさかのホンダ・CRレーサー風デザイン、125ccの公道向け量産バイク「Skyteam Ace」 - DNA

ノートン・フェザーベットフレームにハーレーのVツインエンジンを積んだハイブリッドバイク「Norley」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧