科学と技術

自動車のジャンプ・スタートにも使える軽量モバイルバッテリ「JUMPR」


12V(150〜350A)と5V(2.1A)の2つのアウトプットを搭載し、スマホなどの充電の他にバッテリのあがった自動車のジャンプスタート用としても使用できる軽量モバイルバッテリ「JUMPR」です。ジャンプ・スターターをガジェット用モバイルバッテリとして利用する案は以前より存在していますが、持ち歩くのにはちょっと大き過ぎでした。こちらの「JUMPR」は約200グラムとバッグの中にいれて持ち運びが可能となっています。

いざという時になぜかバッテリ切れで車が動かないという経験を持っている人も多いはず。車にジャンプスターターを常時積んでいるわけもなく、知らない人に車のバッテリ繋がせてと頼むのも気が引けてしまう……そんな場合に大活躍します。

1. 大変わかり易いジャンプスターターと「JUMPR」の比較画像。一般的なモバイルバッテリーよりも一回り大きなサイズにパワーを感じます。

2. 大き目のスマホ、ペン、サンブラスと一緒にスタイリッシュに並べられている「JUMPR」。

3. スマホを充電中の「JUMPR」

4. しかし、本当の実力はここ。いざという時にはジャンプスターターに早変わり。

ボタンをオンにしてバッテリのあがった車のバッテリに繋ぎエンジンをかける。これだけでバッチリ、エンジンが始動します。動画での解説はこちらから。
Juno Power JUMPR demonstration – YouTube

また、ほとんどの4シリンダ、6シリンダのエンジンの始動には問題無いとのこと。大変心強いガジェットです。

詳細のスペックはこんな感じ

容量: 6000mAh
サイズ: 139 x 75 x 15mm
重さ: 7オンス(198グラム)
アウトプット 1: 12V (150-350A).
アウトプット 2: USB 5V 2.1A
ミニマム・サイクル: 500+

その他、必要なケーブルも付属しており、現在$69.99(約7150円)にてプレセール中です。

ソース:JUMPR – Most Portable Jump Starter (Presale – Ships May – June) | Juno Power

関連記事

Macbook Airを12時間駆動させる「BatteryOS」システムを搭載したモバイルバッテリー「BatteryBox」 - DNA

カンフー映画風だけど「Ultrabook」はものすごくバッテリが長持ちすることがわかるコマーシャル動画 - DNA

アフガンの米軍兵士によるペンタックスの一眼レフ「K-5」と「K-7」の防塵防滴構造のテストしている動画 - DNA

未来兵器をDIY、フルオート電磁加速銃(コイルガン)「CG-42」の画像と動画 - DNA

ドラッグレーサーのテスト中に起こった笑えないけど笑えるトラブル - DNA

最新のデジタルガジェットを間違って使っている人々の画像いろいろ - DNA

ギリギリのところで大事故を回避している危機一髪な状況のコンピレーション映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧