世界のびっくりニュース

カラフルな蜜をたっぷり吸って宝石の様に7色に輝く半透明の蟻の写真


翅(はね)のある種、蜜をお腹に溜める種、強烈なキバや猛毒針を持つ種など、世界で1万種以上も存在し多種多様な進化を遂げているアリ。その中の一種である半透明の腹部に食べたものを溜める事ができる蟻にカラフルな蜜を吸わせ、その色に染まった蟻の写真です。もちろんフォトショップで加工された写真ではなく本物です。

この蟻の実験は、南インドのマイソールに住むモハメッド・バブ博士が、キッチンの床にこぼしてしまったミルクを飲んだ蟻たちの腹部が真っ白に変化していることに気づいたことから始まり、この半透明のお腹を持つ蟻を見て写真を撮ることを思いついたそうです。

庭に用意した白いプレートに赤、緑、黄、青などの水とシロップを混ぜた液体を垂らし、蟻に吸わせて撮影されています。またバブ博士によると「興味深いことに、蟻は黄色や緑色の明るい色を好み、濃い緑色や青色の液体は、緑色や黄色の液体を吸うスペースが無くなるまでは誰も手を付けなかった」とのこと。

1. 緑、黄、赤の液体を吸う蟻たち。信号っぽい配色ですが、非常に神秘的な光景です。

2.

3. 中には複数の色の液体を吸って、お腹に色の層が出来る蟻もいます。

昆虫食として世界中の様々なところで蟻を食べる習慣がありますが、甘い蜜をたっぷり吸った色鮮やかな蟻ならイケるかも……。

ソース:Transparent Ants Change Color After Eating Food Coloring

These Rainbow-colored Transparent Ants Are What They Eat | Science | Smithsonian

関連記事

CGじゃない!全身が透明な「宝石イモムシ」の画像 - DNA

まさに生きた宝石のよう、朝露で全身を覆われた昆虫のマクロ写真いろいろ - DNA

[閲覧注意]「バラ色のメイプル」の名を持つ、ピンクと黄色の羽毛で全身彩られたド派手な蛾「Rosy Maple Moth」 - DNA

[閲覧注意]もし明日昆虫になったら絶対に避けたい13の死に方 - DNA

[閲覧注意]全部で7種、食べられる虫の缶詰ギフトセット - DNA

古今東西!世界中の屋台で売られているローカルフード特集 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧