世界のびっくりニュース

第二次世界大戦の傷跡をまるごと飲み込むロシアの森の画像


約70年程昔の1945年に終結した第二次世界大戦の生々しい傷跡を文字通りに飲み込みつつあるロシアの森の写真です。そろそろあと数十年もすれば全てを飲み込み消化されてしまいそうです。

この写真の場所は、サンクトペテルブルク(旧レーニングラード)から約500km程離れたNevsky Pyatachokの森。第二次世界大戦ではドイツ軍と大規模な戦闘が行わた地域のため多くの戦争の傷跡が現在でも多く残っています。

1. 真ん中を突き抜けている木がまだ若木の時、置き去りに去れたソ連軍のヘルメット。

2. 手りゅう弾。中に食い込んでますが炸薬はどうなったのか。

3. 約70年前に木に立てかけられたライフル

4. こちらもヘルメットですね

5. 木に飲み込まれているため、一部のみしか見えない75mm砲の弾薬。置きっぱなしにしたのでしょうか。

6. 工兵が使用したと思われるシャベル

7. さらにヘルメット

8. 半分以上木に埋まったマキシム機関銃

ソース:War stuck in trees. – Imgur

関連記事

謎の古代文明を彷彿とさせる第二次世界大戦のトーチカいろいろ - DNA

第二次世界大戦中、日本人や日系人が強制収容されていた「マンザナー強制収容所」 - DNA

見た目も武器、ものすごいビジュアルで戦うアフリカの怒れる武装集団の写真いろいろ - DNA

リビア内戦の反体制派が使用する手作り感溢れるDIY兵器いろいろ - DNA

第二次世界大戦前夜、1939年7月に撮影されたパリの貴重なカラー写真いろいろ - DNA

第二次世界大戦中、アジアとヨーロッパの領土がどのように変化したかわかる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧