世界のびっくりニュース

[字幕動画]60年代のFBIによる射撃トレーニング動画「Shooting For Survival(生き残るための射撃術)」


古い刑事モノドラマなどを見ていると今ではありえないとしか感じられないスタイルで射撃していたりするのですが、あれはいったいどこからやってきたのでしょうか。実は60年代には実際に「あのスタイル」による射撃が行われていたのです。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
銃器の高性能化や経験の蓄積によって、これらのテクニックは大きく進化を遂げています。訓練の方法もいろいろ変化していて、動くロボット標的を狙って撃つようになっていたり、さらに恐ろしいのは背中から押されたり互いの防弾チョッキに撃ちこんでから反撃されたりなど、より強くストレスをかける方向に進んでいます。この動画と見比べてみるとその複雑で混沌とした様子にびっくりすること間違いありません。

関連記事

[閲覧注意]元デルタフォースも驚くほどの危険すぎる射撃訓練を行うロシアの特殊部隊の動画 - DNA

海兵隊「動くロボット標的」を使ってライフル射撃技術の研究・実験を行う - DNA

リアルな射撃ゲームをプレイすると実銃の腕前も上がることが判明 - DNA

射撃大会をプロポーズにつかうナイスアイディアの動画 - DNA

BB弾を使うエアソフトガンでBB弾に命中させている驚異の精密射撃動画 - DNA

射撃場からライブ中継をするときによくあること - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧