エンタメ

名作冒険映画「グーニーズ」続編は「出る」プロデューサーが断言


銀行に立ち退きを迫られた家を救うため、ひょんなことから見つけた海賊の宝の地図を元にアメリカの片田舎の少年少女が大冒険を繰り広げる1985年の名作映画「グーニーズ」。あれから30年、なんと「続編は絶対出る」と同作のプロデューサーが断言して話題となっています。

これはプロデューサーのリチャード・ドナーが、ハリウッドの道端でファンにサインをしているところに突撃したリポーターがカメラに収めたシーン。

リポーターは「『スパイダーマン』などコミック原作の(安易な)映画がハリウッドでウケている現状をどう思うか」と「X-メン」などのプロデュースに関わったリチャードに皮肉っぽく質問を投げかけます。

それらをのらりくらりとかわすリチャード。そしてリポーターは「あなたは今マンガ原作の映画を作っていますか?」と聞いたところ「『グーニーズ』がコミックだと言うなら、作っているよ」と答えました。

売り言葉に買い言葉的な雰囲気のコメントなので真偽の程はよくわからない、というのが本当のところ。「昔のキャストは出てくるのか」という問いには「そうなるといいね(Hopefully)」と答えていますが、さてどうなるのでしょうか。

「グーニーズ」続編については主人公・マイキー役のショーン・アシュティンも「必ず出る。僕は1000%確信してる。自分の子供達を賭けたっていい」と2012年のインタビューで語っています。ハリウッド作品では企画から実際の制作に入るまで数年以上かけることも多く、似たような発言の後に作られた映画はそれこそたくさんあります。中心人物2人からこんな言葉が出てくるということは……ちょっと期待してしまいますね。

初代「グーニーズ」の予告編はこちらから。
Goonies Trailer – YouTube

関連記事

すさまじき自主制作、80年代アニメ風「スター・ウォーズ」の動画がすごい - DNA

80年代のすごくデジタルでかっこいい自動車のコックピットの写真いろいろ - DNA

タイムスリップしてナチとカンフーで戦う80年代風味のアクション・ナード映画「KUNG FURY」予告編 - DNA

あなたのiPhoneをバブリーな80年代仕様にしてしまうケース「80s Retro iPhone Case」 - DNA

あのApple社が80年代に展開していたアパレルラインのカタログ画像 - DNA

微妙に違うニッポン・フィーリングが漂いまくる80年代のラップPV動画「The Karate Rap」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧