アートとデザイン

20年代~40年代に流行した女性の美を追求する異型の美容デバイス14選


1920年代〜1940年代に「女性をさらに美しくする」という目的のためだけに生み出され、実際に使用されていた異次元な見た目をした美容専用デバイスです。女性の飽くなき美への追求は今も昔もからず凄いものがあります。最新技術で作られた現代の美容機器も凄いことになっていますが、100年近く前の美容機器も全く侮れません。

1. 30年代に人気のあった二酸化炭素(ドライアイス)を使用した「そばかす除去装置」。冷却された気体から守るため目、口、鼻はしっかりとガードされています。

2. 20年代の一気に髪の毛を乾かすことが可能な巨大ドライヤー・クラスタ装置。

3. 19129年のドイツで活躍していたパーマ装置

4. 1930年代にマックス・ファクター(ポーランドの美容師、1872年〜1938年)が発明・開発した正確に化粧を行うための装置。

5. 顔の肌をつやつやにするため、1940年代に使用されていた温熱マスク

6. 1940年代に考案された金属ローラでマッサージを行い足を細くする装置。

7. 1940年代のヘレナ・ルビンスタイン(ビューティサロン経営者、1870年〜1965年)のサロン

8. 日焼け止めが発明される以前の1940年代、太陽の日差しから守るために使用されてたサングラス内蔵のマント。
ちなみに現代中国ではこのマントの精神が受け継がれているようです。『中国のビーチで見られる独特のファッションの女性たちの写真集「Beach」

9. ファッショナブルな巻き髪を作る装置

10. 1930年代のフルーツ・マスク

11. 1940年代の大気圧の低いアルプスの環境を再現して顔色を良くする装置「グラマー・ボンネット」

12. 1930年代のすべすべでシミのない肌を期待できる真空ポンプと繋がったゴム・ホースにガラス製ノズルの付いた吸引装置

13. 顔のシワやキズなどを取り除くゴム製の「ビューティー・マスク」を着用している1920年代の二人の女性

14. こちらのマックス・ファクターにより考案された氷の入ったプラスチック製のフェイスパック「ハングオーバー・ヘブン」。このマスクは、1940年代のパーティーに行く前の準備としてハリウッド・スターたちに人気だったそうです。

あるバービー人形を理想とするアメリカの女性は完璧なバービー人形になるため「催眠術でIQを下げる」ということまで行っています。女性の理想とする美へ挑戦はとどまることを知らない凄い世界です。

ソース:How Beauty Procedures Looked In The 1930s-40s – Imgur

関連記事

1970年の大阪万博に登場した次世代型人間洗濯機「ウルトラソニックバス」 - DNA

約40%の女性が「知性をおっぱいと交換したい」と考えている - DNA

少女から大人の女性へ華麗な変身を遂げたハリウッド女優たちの比較写真38枚 - DNA

独身ロシア女性たちが想い描く理想の男性10人のモンタージュ写真とバックストーリー - DNA

文字通りベールに包まれた中東の女性たちの荘厳な「中身」の写真55枚 - DNA

デジタル加工なんて必要なし、プロのメーキャップアーティストの技術力がよく分かる比較画像 - DNA

これぞまさに美魔女、若い頃と見た目がほとんど変わっていない脅威のハリウッド女優たち12人の比較写真 - DNA

女性の体型を英語に訳すとこうなるサンプル21個 - DNA

海外で人気爆発?白人女性が日本のギャルメイクをするとこうなる - DNA

女性の美への追求は究極のアート、100年ほど昔の美容院はとんでもなく異次元の世界だった - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧