アートとデザイン

エジプトの砂漠に数十年間も存在し続ける不思議な文様の超巨大アート・プロジェクト「Desert Breath」


エジプト南部の紅海とナイル川の間にある東サハラ砂漠に数十年間も存在し続ける巨大なアート・プロジェクト作品「Desert Breath」です。宇宙から撮影した衛星写真からもしっかりと確認できる程巨大な作品は、同じく古代エジプトで建設され、砂漠に存在しているピラミッドを彷彿とさせます。

「Desert Breath」は、インスタレーション・アーティストの Danae Stratou 氏、工業デザイナー&建築家の Alexandra Stratou 氏、建築家の Stella Constantinides 氏の3人で構成されるチーム「D.A.ST. Arteam」が1997年に製作した作品。

このプロジェクトは、「D.A.ST. Arteam」の3人が、無限の時間を経験できる場所の一つと考えていた砂漠で仕事をすることに共通のあこがれを持っていたことに始まります。

「Desert Breath」は、エジプトの紅海沿いの街エル・グーナにほど近いサハラ砂漠に100平方メートル(㎡)の面積を持ち、8立方メートル(㎥)の砂を使用して製作されています。凸凹の2種類の円錐形が並び、中央には、水が満たされた直径30メートルの池があります。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

「Desert Breath」の製作は1997年3月に完了し、徐々に崩壊しつつも現在でもしっかりと存在しています。

これくらい巨大だと宇宙からもちゃんと確認できます。Googleマップからもバッチリ見ることが出来ます。

大きな地図で見る

そして、こちらは制作中の写真。大規模な工事がの様子がよくわかります。
13.

14.

15.

16.

17.

18.

「Desert Breath」のドキュメンタリ映像です。
“Desert Breath” | Land Art Installation | By D.A.ST. Arteam, Egypt (1997) on Vimeo

ソース:Desert Breath | Danae Stratou

関連記事

広大なサハラ砂漠の一本道で遭遇した世にも不思議な光景 - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

夜の砂漠はありえなほど美しい、ナミビア・ナミブ砂漠の夜景を撮影したタイムラプス映像「Namibian Nights」 - DNA

砂漠のど真ん中にポツンと現れるブティック「Prada Marfa」 - DNA

サハラ砂漠の世界遺産都市「マリ・ジェンネ旧市街」と泥で作られた世界最大の建築物「ジェンネの大モスク」 - DNA

本当に地球なのかと疑いたくなる、世界中の砂漠を上空から撮影した美麗な写真集「Desert Air」 - DNA

チュニジアの砂漠に廃墟化しつつも残っていたスター・ウォーズに登場する惑星「タトゥイーン」のロケ地跡の写真 - DNA

砂漠に置いた鏡が想像以上に美しい絵画に変身する「The Edge Effect」 - DNA

砂漠の谷の中に忽然と現れる古代遺跡「ペトラ」を幻想的にキャンドルでライトアップ - DNA

アントニ・ガウディも影響を受けたと言われる砂漠の民トゥアレグ族の都市「トンブクトゥ」の街並み - DNA

ギザの三大ピラミッドの見方が大きく変わってしまう驚きの写真 - DNA

大規模に水が干上がり、数多くの座礁船が湖底に放置されているアラル海の写真20枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧