ネット・PC

地球上どこからでもネットにつなげられるイリジウム衛星を使ったモバイルルーター「Iridium GO!」


自宅以外で何かの仕事をしている「ノマド」と呼ばれる人たちが以前少しだけ話題となりましたが、その名に反して彼らは携帯電話インフラやWi-Fi環境のない場所に移動することはできません。でもこちらの「Iridium GO!」なら、たとえ南極や砂漠の真ん中でもインターネットが可能です。


Iridium GOは低軌道通信衛星イリジウムを用いて、2.4kbpsのパケット通信が可能なモバイルルーター。初期のパソコン通信並みの速度しかでませんが、メールなどのテキストデータならこれで十分。また遅延を気にしなければ、音声通話もなんとか可能です。

Wi-Fiルーターとして動作し、5台のスマートフォンなどを同時に接続できます。デヴェロッパ向けにはAPIが提供されるので、Iridium GOと連携するアプリ開発ができるほか、公式にもメールやWeb閲覧アプリが提供されるようです。

左側はUSBコネクタ、右側は「SOSボタン」。いずれもラバーのコネクタカバーで覆われたヘビーデューティー仕様。

もっとも南極に行かざるを得ない人はネットサーフィンしているヒマはないと思われますが……ふと寂しくなったときにいつでもメールを送りたい人には最適なデバイスです。

ソース:Iridium | Products | Iridium GO

関連記事

「月1000円でつなぎ放題のSIMカード」で便利になる5つのこと - DNA

無線LANで写真データを自動送信できる「Eye-Fi」カードでいろいろ試してみた - DNA

Wi-Fiルーターを開放していたらSWATチームにフラッシュバンを投入される事件が発生 - DNA

Raspberry Piで作るTor対応の無線LANルーター「Onion Pi」 - DNA

発展途上国にDIYで無線インターネットを提供するオープンソースプロジェクト「FabFi」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧