世界のびっくりニュース

カナダのちょっと素敵な日常の写真いろいろ


世界で2番目に大きい国土を持ち非常に自然豊かなカナダ。しかし、その多くは北極圏に位置し非常に寒く人口の80%は南に位置するアメリカとの国境沿い(200km以内)に住んでいます。そんな極寒の土地でありながら大らかな人々が暮らすカナダのちょっと素敵な日常の写真です。移住先として人気があるのも頷けます。

テキサス過ぎるテキサスカオスっぷりがすごいロシア誰でも住めるわけではないオーストラリア、そして無敵のアフリカなどと比較すると日本人には大変住み心地がよさそうです。

1. 楓の葉っぱでいっぱいの愛国者

2. 乗馬でドライブスルー。子どもはちゃんとヘルメット着用です。

3. 「鍵落ちてましたよ!」

4. モルドール:Mordor(指輪物語に登場する国)

5. ガッチガチです

6. 2013年3月1日と2013年3月3日の比較。マジか?

7. ドアを開けたら……

8. かわいい落書き

9. カナダ人の感覚はちょっと違う

10. アイススケート型の煙突発見!

11. これだと路上でも恥ずかしくない?

12. 礼儀正しい

13. 「あなたの母親はナイスレディー」

14. 事故後にレッカー車を待つ間、路上アイスホッケーを楽しむカナダ人。

15. チケットマシンも防寒が必要な寒さなのです

16. 操作性抜群でメールが出来るカナダの手袋

17. 「ナイス・フェンス」。わざわざ教えてくれなくても……。

18. 非常に謙虚です

19. 新聞の見出し「ムースと衝突した妹のところへ向かう途中にムースに衝突した姉」

20. やたらとごっついレッカー車

21. イングランド、ドイツ、アメリカ、そして最後はカナダの警察。

22. カナダの考古学。真冬は毎日が発掘作業です。

23. カナダ流ビールの冷やし方

24. カナダの自転車

25. カナダの新聞への投書はこんなかんじです。「クラクションを鳴らしたドライバーへ。私が間違っていました。ごめんなさい」

26. カナダのスキー場では普通のこと

27. ヤギとお散歩中

28. いつも携帯しているアイスホッケー用スティックが大活躍

29. 動物のふれあいも日常です

30. 事故ってもまず誤ります。バス「Sorry」。

31. 冬のカナダの駐車場

32. えっ。ムースって乗れるの?

33. デモ隊も取りあえずSorryから始まります

34. 暴動の際もかなり謙虚なカナダ人

35. カナダ人は熱いコーヒーが大好き。カナダではコーヒーに気をつけてください。

36. でも、アイスホッケーはかなり白熱してしまいます。警察が来るとゲーム終了となります。

37. 氷で出来た自動車

38. 問題なし

39. カナダのトイレの注意事項

40. 美女に囲まれても気になるのはやはりアイスホッケー。それがカナダ男子。

ソース:Only in Canada… (50 pics) – Izismile.com

関連記事

カナダ・トロントの「ワンマン」市長、ハルク・ホーガンを腕相撲で倒し豪腕っぷりを見せ付ける - DNA

第二次世界大戦中、売春ツアーのメッカだったカナダ・モントリオールの娼婦たちのマグショット - DNA

動きがやたらにシャープでダイナミックなカナダ軍特殊部隊の公式プロモーション動画が公開 - DNA

カナダ、ほぼ偽造不可能な「ポリマー紙幣」を導入へ - DNA

ナノテクで「光を曲げる」光学迷彩技術「Quantam Stealth」の開発が進行中 - DNA

カナダの大学、ホッチキス止めしたコンドームを誤って配布 - DNA

夢見るような地獄、ピザとスパゲッティを合成した「ピザゲッティ」のスムージーが登場、常軌を逸したコマーシャル動画が公開 - DNA

マイナス41度の環境で沸騰したお湯を水鉄砲でまくとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧