世界のびっくりニュース

「俺が死んだら俺のハーレー・ダビッドソンと一緒に埋めてくれ……」と遺言した男のお葬式がすごい


バイクと乗り手はなぜか不思議な縁でつながっているもの……ですが死んでもなおバイクに乗っていたいというのはなかなかすごいことです。そんな願いを叶え、愛車とともに埋葬された男の葬儀が行われました。


オハイオ州メカニクスバーグのビル・スタンドレーの人生のスタートは、13歳の時。牧場の牛追いとしてでした。荒っぽく、風変わりな男でしたが家族には優しい夫であり父親だったそうです。

1. 彼が好きだったのはバイク。4人の子どもを育て上げた後もずっとバイクを乗り回していたそうです。

そんな彼が「バイク葬」を言い出したのはだいたい18年くらい前のこと。自宅でこのアクリルガラス入りの「棺桶」を作り、やってくる人に「俺はバイクと一緒に墓に入るんだ」と自慢していたそうです。

2. その願いはこうして叶うこととなりました。

3. そして亡き妻の隣に3区画分の墓地を購入。

4. レザージャケットに身を包み、1967年式のエレクトラ・グライドにまたがった姿で埋葬されることとなりました。

5. 葬儀には友人たちやモーターサイクルクラブのメンバーが多数参加したということです。

何十年も前の若い頃に手放したバイクと、巡り巡ってネットオークションで感動の再開を果たした男性がいましたが、やはりバイクと人のつながりというのは強いものがあります。天国でも乗り回してほしいものですね。

ソース:Mechanicsburg man to be buried on his Harley Davidson motorcycle | www.daytondailynews.com

関連記事

[字幕動画]若い頃に手放したバイクとネットオークションで感動の再会を果たしたとある男性のお話 - DNA

ミニスカのマーチングバンドが棺桶のまわりで演奏する台湾のお葬式の映像 - DNA

西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像いろいろ - DNA

お葬式直前に死者が蘇って、その母親が気絶する事件が発生 - DNA

サッカーの試合中、地元チームのファンが死んだ仲間を棺桶ごと運んできて大騒動に発展 - DNA

[閲覧注意]もはや元の姿が分からない動物の剥製(はくせい)いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧