科学と技術

アンティークな自動演奏マシンで「G線上のアリア」演奏する動画


レコードが発売される前、人々が音楽を聴くには生演奏かあるいはこの機械のような自動演奏装置しかありませんでした。そのうちの1台をリストアしバッハの「G線上のアリア」を演奏している動画です。


こちらは1915年にミルズ・ノベルティ社で製造されたもので、同種のものが今までに15台確認されています。バイオリン2台と自動演奏ピアノが合体したものですが、動画のものはさらにPCをリモコンとして使えるように改造されているようです。。

動画はこちらから。
Mills Bow Front Violano Virtuoso Playing “Air on the G String” – YouTube

「エーデルワイス」を演奏する自動機械。
Mills Double Violano Virtuoso playing “Edelweiss” – YouTube

フルレストア済みで15万~25万ドル(1500万~2500万円)になるとのこと。バイオリン2丁とピアノのメンテが毎年結構なお値段になりそうですが、欲しい人はぜひ下のリンクからアクセスしてみてください。

ソース:Mills Violano Virtuoso Bowfront

関連記事

暴力を音楽に、押収された銃を再利用して作られた自動演奏装置「Disarm」の動画 - DNA

ファミコンのBGMや効果音をリアルタイムに自動ピアノで演奏する動画 - DNA

「007のテーマ」を演奏する空飛ぶクアロドコプター・ロボの群れの動画 - DNA

火炎放射バグパイプで「帝国のマーチ」を演奏しつつ一輪車に乗るダース・ベイダー マスクの男のカオスな動画 - DNA

エレキギターでヴィヴァルディの「夏」を演奏するすさまじい動画 - DNA

どう演奏しても名曲、サッチモの「この素晴らしき世界」を16の違うジャンルで演奏して比べてみる動画 - DNA

8台のFDDドライブで演奏する「ゴーストバスターズ」のテーマがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧