科学と技術

自分がいつ最高のパフォーマンスを出せるか記録・計測してくれるガジェット「Vigo」が出資募集中


努力と根性のトレーニングも大事ですが、効果が出ているのかをきちんと計測するのはとても大事なこと。「今、自分は疲れているのかそうでないのか」を客観的に判断してくれる、まるでゲームのパワーゲージのようなガジェット「Vigo」が出資募集中です。

1. 「Vigo」はごく普通のBluetoothヘッドセットと「まばたきセンサー」を合体させたデバイス

2. 人間の疲労や集中の度合いは「まばたき」の速さ、目を閉じている時間、開き具合にあらわれます。Vigoはこれを計測して現在のステータスを自動的に判断してくれるデバイスなのです。

3. 計測したデータをもとに「すごく集中できてる」「そろそろ休んだ方がいい」など自分の今の調子を表示します。

4. 疲れた時には振動やLEDの明滅、音楽などでアラートを出すことができます。

5. まず居眠り運転の防止には最適なデバイス。休憩のタイミングを知ったり、うっかり目を閉じた時にはアラートが出るので安全です。

6. また「授業」「運転」「執筆」など作業ごとに時間とその時の集中度合を記録できます。

7. 自分のパターンを知ることで、一番いいパフォーマンスが出るのはいつなのか、どうすればいいのかというのも分かります。

紹介動画はこちらから。

自分のことは自分ではよく分からないもの。だからこそ教師やコーチの存在があります。まだそんなに意志が強くない最初のうちは、24時間つきそってくれるこういうデバイスがありがたいものですね。現在出資募集中。大体5千円くらいで1つ購入できるようです。

ソース:Meet Vigo, the very first energy gauge – for you. by Jason Gui — Kickstarter

関連記事

[字幕動画]ライフハックではやる気が出ない人でも奮い立つようなスピーチの動画 - DNA

「さぼったらビンタ」ゲームで生産性を3倍にするライフハックのポイント5点 - DNA

不屈の勇気、前屈でつま先に手が届くまで頑張った男の41日間の軌跡 - DNA

無駄なネットサーフィンをすると電流が流れるガジェット「Pavlov Poke」 - DNA

[字幕動画]あの「ハートマン軍曹」による自己啓発本「Gunny’s Rules: How to Get Squared Away Like a Marine」が発売 - DNA

ひとりぼっちでも仲間とジョギングしている気分が味わえるペースメーカー・ロボット「Joggobot」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧