科学と技術

TrackingPoint社の自動小銃向けデジタルスコープのティーザー予告編


未経験者や子どもでも数百メートル先のターゲットを1発で撃ちぬくことを可能にするコンピューター支援型照準器「デジタルスコープ」の元祖、TrackingPoint社が今度は自動小銃向けのものを開発、ティーザー動画を公開しています。


TrackingPoint社のデジタルスコープは、狙いが合うと自動的に引き金を引いてくれるため、タイミングがシビアな長距離射撃が誰にでも可能になるというデバイス。

もう一つの特徴はタブレット端末などで視界を共有できること。動画の冒頭は兵士のもとにタブレットでターゲットの情報が届くところから始まります。照準器だけでなくこうした兵士の移動指示システムまでトータルに提供する、というコンセプトなのでしょうか。

人差し指で押さえている部分にTrackingPointのスイッチがあります。トリガーの上にコントロールユニットと思しき装置が出っ張っています。

近距離~超遠距離までいろいろな戦闘に対応できるというわけですね。

距離判別のために2眼にしないといけないのですがまだちょっとサイズが大きい……

システム全景が最後に。

動画はこちらから。
TrackingPoint AR Series Teaser – YouTube

デジタルスコープについてはいろいろな企業が参入しており、業界としてはかなりホットな分野。TrackingPoint社のような「タグ付」方式だけでなく、トリジコン社のような慣性センサー方式などいろいろな実験がされています。こうしたデバイスによって1人当たりの戦闘能力を高めた先にあるのはどんな戦場なのでしょうか。

関連記事

12歳の普通の少女がTrackingPointライフルで約900m先の狙撃に成功 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

銃火器の老舗メーカー・レミントン社も「Remington2020」でデジタルガンスコープ市場に参入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧