科学と技術

伝統的な手法によるビール発酵の瞬間を捉えた大迫力のタイムラプス映像


1980年に創立されたアメリカ・カリフォルニア州のビール会社「シェラネバダ・ブリューイング・カンパニー」の製造するビール「シェラネバダ・ビッグフット バーレーワイン・スタイル・エール」の製造工程を撮影したタイムラプス映像です。1983年から現在まで伝統的な発酵方法でビールを製造しており、その迫力ある瞬間を捉えています。

4万7000リットルの麦汁、550kgの毬花のままのホップ、453kgの純粋な醸造酵母の入った4台の伝統的なオープン発酵槽の6日間を撮影したタイムラプス映像です。動画はこちらから。
Bigfoot Fermentation Time-Lapse – YouTube

ちなみに「バーレーワイン・スタイル・エール」は、アルコール度数がワイン並に高いためバーレー(大麦)ワインと呼ばれています。

関連記事

ロシア、ついにビールは「ジュースではなくお酒」と認める - DNA

[閲覧注意]ビールにメントスを入れる違った意味でスゴイことに - DNA

ケース中のビール24本を一気に開けるスーパー栓抜きの動画 - DNA

これはもう芸術、ありとあらゆるものを駆使してビールのボトルキャップを開けるショートフィルム「Bottle Cap Blues」 - DNA

ものすごい躍動感、肉体の限界に挑む究極のビールケースの仕分け方 - DNA

世界80カ国で最も愛されている飲み物をまるごと1枚にまとめたイラスト「Around The World in 80 Drinks」 - DNA

ぜひとも現地で満喫したい世界中のローカル・ドリンク50選 - DNA

ソ連で資本主義の象徴「コカ・コーラ」を飲むのは非常に大変だった - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧