世界のびっくりニュース

南極で最も危険な気象状況「Condition 1」時に南極観測基地の扉を開けるとこんな感じ


想像を絶するようなことが起きる南極において、最も危険な天候条件を示す「Condition 1」が発令されている時に、南極観測基地の扉を開けてみた映像です。地獄につながっている扉はここにありました。

アメリカの南極観測基地「マクマード基地」で Anthony Powell さんが撮影した映像です。ちなみにちょっと楽しそうに扉を開けているのは妻の Christine さんとのこと。ちなみに「マクマード基地」は南極観測基地で最も規模の大きい基地の一つで、夏季滞在人数は1000人を越えており冬季の越冬隊も200人を上回ります。

動画はこちらから。
Antarctica Condition 1 Weather – YouTube

南極の天候条件は「Condition 1」〜「Condition 3」の3つにクラス分けされています。天候が良いとされる条件の「Condition 3」でもかなり厳しい環境なのですが……。

●「Condition 1」
危険な天候のため外出禁止。
・風速:55ノット(26.8m/s)以上
・視界:30m以下
・風速冷却:−73 °C 以下

●「Condition 2」
好ましくない天候。外出は許可されるが推奨されない。
・風速:48 〜 55ノット(24.5 〜 26.8m/s)
・視界:30 〜 400m
・風速冷却:−60 〜 −73 °C

●「Condition 3」
好ましい天候。全ての外出は許可。
・風速:48 〜 55ノット(24.5m/s)以下
・視界:400m以上
・風速冷却:−60°C以上

またこちらの動画は、同じ作者 Powell さんが撮影した南極の一年を記録したタイムラプス映像です。
Antarctica Time lapse: A Year on Ice – YouTube

とんでもない南極の気候を見てしまった後では、こちらの「南極一人旅中、とあることで狂喜乱舞した瞬間をとらえた動画」の気持ちが痛いくらいに理解出来ますね。

関連記事

北極や南極など極地の信じられないほど美しい氷山や氷河の写真いろいろ - DNA

南極海の氷を割って進む砕氷船から撮影されたタイムラプス映像 - DNA

約100年前に撮影されていたとても貴重な南極のカラー写真 - DNA

かつて地球に存在した唯一の超大陸「パンゲア大陸」に現在の国を当てはめた地図 - DNA

行けるものなら行ってみたい、地球で最もエクストリームな場所25選 - DNA

愛らしい外見からはとても想像出来ないある動物の頭蓋骨写真 - DNA

「死ぬまでに行きたいリスト」に登録したい世界の素敵な海岸21選 - DNA

死ぬまでに一度は訪れたい、自然が作り出したものすごい絶景20選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧