エンタメ

ライトノベルからハリウッドへ「Edge of Tomorrow」の強化外骨格ソルジャー感満点な予告編登場


ひょんなことから、戦場でのとある1日をループして生きることになった新兵を描いた桜坂洋のSFライトベル「All You Need Is Kill」を、トム・クルーズ主演で映画化した「Edge of Tomorrow」の予告編が登場。原作ファンの人は待望の、知らなかった人も見たくなること間違いなしです。ちょっとだけネタバレになっているので原作未読の人はお気をつけください。


原作は千葉県の房総半島でしたが、今回の舞台はドーバーの白い壁。

バケモノに乗っ取られたヨーロッパを奪還する上陸作戦の1日が「繰り返し」の舞台のようです。

撃墜される上陸機。

地上では激しい戦闘が繰り広げられる。

トム・クルーズは突然実戦に駆り出されることになった、実戦経験のないウィリアム・ケージ少佐役。

戦闘はウィリアムの死で終わるものの、目覚めるとそこはまた同じ1日の始まりであった。同じ日の同じ戦闘を何度も繰り返すウィリアム。しかし結末は常に彼の死で終わる。

そして彼は「次に目覚めたら私を探しに来て」と言う女性と出会う。

特殊部隊のエース、リタ(エミリー・ブラント)もまた「ループ」に囚われた一人であった。

ループを断ち切るには、負けるはずの戦闘に勝利するしかない。記憶だけは次のループに持ち越せると知ったウィリアムはリタとともに、戦闘と強化外骨格の猛特訓の繰り返しの日々を始めるのだった……




動画はこちらから。
Edge of Tomorrow – HD Teaser Trailer – Official Warner Bros. UK – YouTube

「同じ1日を繰り返し、そして少しずつ変わっていく」という「ループもの」はビル・マーレイ主演の「恋はデジャ・ブ」のようなラブコメからSFミステリ、ホラーなど色々なジャンルで名作を残してきました。「Edge of Tomorrow」もこれに名を連ねることはできるでしょうか。公開は2014年6月が予定されています。

関連記事

アンドロイドの暴徒と戦う機械化警察の近未来SF「Keloid」のパイロットムービー - DNA

ファンメイドのレゴ製強化外骨格フィギュア「Exo Suit」がCUUSOOで正式製品化へ - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

腐敗したデトロイトで戦うメカ刑事「ロボコップ」予告編第1弾が登場 - DNA

無料でネット版「ニンジャスレイヤー」をイヤというほど楽しめるAndroidアプリ「Njslyr Reader」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧