アートとデザイン

何に見える?全裸の男女が「ロールシャッハテスト」風の組体操をしている写真集「Klecksography」


インクを紙にたらした模様を見て、何を連想するのかを答える性格検査「ロールシャッハテスト」いく分古い手法ではありますが、いまだ現役のこのロールシャッハ模様を、全裸の男女が全裸で再現している写真です。











これらはハッセルブラッド・マスターズ・アワード2012を受賞したオリビエ・バルセッチによる作品。「励起・呼び起こす」をテーマとして与えられた彼は、まさしく連想そのものである「ロールシャッハテスト」をモチーフにこれらを撮影しました。

シンメトリを実現するために顔や体格が似通ったモデルを見つけるのが困難だったそうですが、CG合成ではなくライブ撮影を行うことで、その瞬間にしか見えないものをカメラが焼き付けることに成功しています。

メイキング動画はこちらから。
Olivier Valsecchi “Klecksography – Behind the scenes”

関連記事

患者の心を開くために女医が1枚ずつ脱いでいく究極の心理療法「ネイキッド・セラピー」 - DNA

何がおかしいの?サッチャー錯視を利用した女性の顔写真いろいろ - DNA

目に見える世界の秘密を暴露する「コップにボールを隠す手品」 - DNA

1度見えたらもう引き返せない、身の回りにあるものが人の顔に見える時45パターン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧