世界のびっくりニュース

ローマ時代から人々を癒やし続ける、白い丘に広がる天然の青い温泉が美しいトルコの「パムッカレ」


カッパドキアなどトルコを代表する圧倒的な自然の観光地の一つの「パムッカレ」。古代ローマ時代から温泉保養地として利用されてきた白亜の石灰石の丘に幾層に重なり棚田(段々畑)のように広がる温泉群です。いつの日かゆっくりとローマ人気分で湯治してみたいですね。

パムッカレには35℃から100℃の温泉があり、石灰華(トラバーチン)と呼ばれる温泉からの炭酸カルシウムが沈殿して形成される硬質のしま模様をもつ石灰石の層でできています。

流れてきた植物などがひっかかったところに石灰分が蓄積し次第に堤のように成長しプールのような温泉が作られています。

1.

2.

3.

4.

5.

人類の有史以来数千年の間、温泉として利用されてきた歴史があり、この石灰華段丘の頂上にはローマ劇場・ローマ温泉などが残るヒエラポリス遺跡が存在しています。2世紀頃に存在していた都市ヒエラポリスは数度の地震により現在は廃墟となってしまっています。

ローマ帝国の温泉保養都市ヒエラポリスの遺跡とともに「ヒエラポリス-パムッカレ」として1988年にユネスコ世界遺産(複合遺産)に登録されています。

6.

7.

8.

9.

10.

映像で見るとこんな感じです。
Best of Pamukkale and Hierapolis, South West Turkey – YouTube

ソース:Gorgeous Turquoise Pools of Pamukkale, Turkey – My Modern Metropolis

関連記事

自然との闘いと調和、幻想的な美しさを感じる棚田(段々畑)の写真25枚 - DNA

奇岩群「妖精の煙突」や古代地下都市など、トルコ・カッパドキアの魅力がギュッと詰まった映像「Lunar Landscapes, Turkey」 - DNA

思わず笑みがこぼれてしまう、映画史上最悪の銃殺シーンと話題の動画 - DNA

住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選 - DNA

無類の美しさ、19世紀に描かれたコンスタンティノープルのイラストいろいろ - DNA

悠久の歴史を持つ古都イスタンブールのガラタ橋やモスク、バザールの風景 - DNA

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ - DNA

[2013年版] 世界シェアNo1の旅行ガイド本「ロンリープラネット」が厳選した最も旅行したい国のランキング - DNA

旧市街の建物や街並みがとても色鮮やかな海外都市10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧