世界のびっくりニュース

排気量6700cc、とにかく世界で一番巨大な市販バイク「Gunbus 410」


「Gunbus 410」は補助輪なしの「ピュア二輪」ではおそらく世界で最大になるバイク。トップ画像はバイクの中でも大きなハーレー・ダヴィッドソン社との比較ですが、相当に大きいことが分かります。


「Gunbus 410」はドイツのLeonhardt Manufacturing社が作り出した超・大型二輪車。全長3.5メートル、全高1.5メートルと一般的なものよりひとまわり大きなサイズの車体に6700ccのVツインエンジンを搭載したものです。

1.

2. 明らかにデカい。

3. 足はべったりつくものの、他の部分が大きすぎますね……。

4. デザインそのままに、サイズだけ拡大した感じ。

5.

6.あえてのスプリンガー式

7.計算上1気筒あたり3350ccもあるシリンダー。しかも空冷なので暑くて仕方がないのでは……。以前2000ccの単気筒バイクをご紹介しましたが、あれを上回ります。

8.プライマリも大きい

9.リアサスはリジッドではないものの、これで十分なのかやや不安な短さ。

約350馬力なので一度走り出せばかなりラクチンなことと思われますが、これでコンビニエンスストアに乗り付けるには体力と根性が必要になりますね。

排気量だけならこちらの「ボスホス」がほぼ似たような感じで売ってます。こちらはシボレーのV8エンジンを搭載したもの。常識的と言えば常識的です。
Boss Hoss Review – YouTube

世界で最大のバイクについては過去に色々作られて話題になっています。例えばこんな感じのものが有名でしょうか。

2007年「もっとも重たいバイク」のギネス記録を得たドイツのバイク、というかサイドカー。
Harzer Bike Schmiede in Zilly

こちらは2013年の「もっとも大きいバイク」のギネス記録取得バイク「Regio Design XXL Chopper」。V8エンジンに補助輪つき。
World’s biggest motorbike Guinness World Record awarded – YouTube

それ以前の「もっとも大きいバイク」はおそらくこれだと思われます。
CMT’s “All Jacked Up” Filming World’s Largest Motorcycle Cycle in Stockton, CA – YouTube

ソース:Leonhardt Manufacturing presents the Gunbus – The World’s biggest Motorcycle

関連記事

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

ノートン・フェザーベットフレームにハーレーのVツインエンジンを積んだハイブリッドバイク「Norley」 - DNA

ハーレー・ダヴィッドソン、500ccのVツインエンジンを搭載した「入門向け」バイクをリリースか - DNA

南北アメリカ大陸をバイクで一人旅、その過酷な行程の一部始終を記録した動画「The Modern Motorcycle Diaries」 - DNA

最新電動レーシングバイク「MissionR」驚きの内部構成が公開 - DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ - DNA

BMWモトラッド、伝説の「R90S」をモチーフにしたネオ・クラシックなコンセプトバイク「Concept Ninety」をビンテージカーイベントに出展 - DNA

バイクのサイドカーをウラル社の職人さんたちが手作りで製作している動画 - DNA

「メガリ250R」は実際どんなバイクだったのか、大阪モーターサイクルショーで試乗してみた - DNA

球状タイヤで自立・その場でスピンも可能な電動バイクを学生が開発中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧