アートとデザイン

ダダイズムとシュルレアリスム的なユーモアで狂気のみが存在しているショートフィルム「late for meeting」


ダダイズムとシュルレアリスム的なユーモアの結果、狂気のみが存在しているかのような人間が街を徘徊しているショートフィルム「late for meeting」です。これはアートなのか、それとも狂気なのか……とにかく凄い映像作品です。

動画はこちらから。本人によるYouTubeへのコメントは「私はばかです、また、これはばかです。」とカタコトっぽい日本語で紹介されています。
late for meeting – YouTube

前作「going to the store」もかなりキテいます。本人解説によると「普通の男が普通に歩いている」映像とのこと。
going to the store – YouTube

このショートフィルムは、ロサンゼルス在住のアニメーション・アーティスト David Lewandowski 氏が制作した作品。2010年に公開された映画「トロン:レガシー」のオープニン・タイトルを手がけている新進気鋭アーティスト。実はすごい人なのです。

Lewandowski 氏の公式サイトで「トロン:レガシー」のオープニング映像が公開されています。
Tron Legacy – Opening Titles – David Lewandowski

ちなみにイギリスのダンス・パンク・バンド「フレンドリー・ファイアーズ(Friendly Fires)」のミュージックビデオ「Hurting」は Lewandowski 氏による監督作品。この映像も非常に個性的な仕上がりになっています。
Friendly Fires – Hurting on Vimeo

フレンドリー・ファイアーズ「Hurting」のメイキング映像はこちら。
Friendly Fires – “Hurting” Process montage on Vimeo

関連記事

[字幕動画]あのアンドロイドっぽいお手伝いロボットが少しずつ狂気に蝕まれるホラーSFショートフィルム「Blinky」 - DNA

なぜか悪夢のようなキャラクターが登場するアイスクリームのコマーシャル動画 - DNA

これは許せない……日常に潜むちょっとした悪夢のような出来事20選 - DNA

悪夢に出てきそうな歯学部の実習室の画像 - DNA

宇宙的恐怖、ラヴクラフト自身による「狂気の山脈にて」のアイディアスケッチ - DNA

狂気の沙汰、「ティーガーI戦車」の実寸大・走行可能なレプリカの制作風景 - DNA

ギレルモ・デル・トロ監督が決して手離さない「あのノート」の驚くべき中身の画像いろいろ - DNA

SFやファンタジー小説の内容を可能な限り単純化したイラストシリーズ「Ultimate Geek Selection」 - DNA

ドラッグでハイになっている映画のシーンをまとめた動画「Drugs in the Movies」 - DNA

さすが日本、斬新過ぎるコンセプトのキャラクターを起用したUSBライターのCM動画 - DNA

[閲覧注意]夜に見ると悪夢に襲われそうな恐ろしい姿・形をした動物10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧