科学と技術

12歳の普通の少女がTrackingPointライフルで約900m先の狙撃に成功


コンピューターを使って射撃をコントロールするデジタルスコープがちょっとしたトレンドになっています。先日、まったくの素人が700m先の的を撃ちぬく動画を紹介しましたが、今度は12歳の普通の少女が1000ヤード(約900m)の射撃に成功しています。


250ヤードから1000ヤードまでの各距離を合計20発撃って18発を当ててしまいます。外したのは1000ヤードで1発と500ヤードで3.5インチ(約9cm)の的に向けて撃った1発のみ。
12 Year Old Girl Hits 1000 Yards with TrackingPoint Smart Rifle – YouTube

このようにターゲットにタグをつけることができれば、後は照準線がタグに触れた瞬間に発射されます。心臓の鼓動や呼吸、筋肉のふるえをコントロールするには膨大な訓練が必要なら、TrackingPointを使えば誰でも名人級の射撃が可能です。

仮にこうした技術がもっと進んで「狙わなくても当たる銃」が完成したとすると、兵士は「戦場にライフルを運ぶだけ」になるのでしょうか。それとも人間には何か別の役割が与えられるのでしょうか。次世代の兵士に求められる能力はどのように変化するのか、興味が尽きないところです。

カテゴリ: Blu-ray
発売日: 2010-09-16

関連記事

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

銃火器の老舗メーカー・レミントン社も「Remington2020」でデジタルガンスコープ市場に参入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧