アートとデザイン

ナイフを付けたトウシューズで踊るバレリーナのショートフィルム「EN PUNTAS」


オルゴールの調べに乗せ、ナイフ付きのトウシューズを履いてグランドピアノの上で踊るバレリーナ。その姿は超現実的で、グロテスクさすら感じさせます。不思議な雰囲気の動画です。


Javier Pérez – EN PUNTAS (extracts) on Vimeo

動画にはこのような説明が付されています。

つま先に包丁のついた靴を履いたバレリーナがただひたすら踊り、グランドピアノの上でバランスを取ろうとする。やわらかい明り、ビロードの壁の劇場は巨大なオルゴールで、カメラはぐるっとまわりこみ反対側、すなわち誰もいない座席を映し出す。

バレリーナが象徴するのは完全なるものへの努力、献身、犠牲だ。もろく、残酷なものだ。最初はぎこちない彼女のステップは次第に情熱的で狂おしく、暴力的になり、ピアノの表面をその靴で傷つけていく。

追求するために辺りを傷つけざるを得ない、何かを極めようとするときはまわりにも自分にも犠牲がつきものである……という不変の事実を語る動画です。

関連記事

いつかはここで生演奏を聞いてみたい世界の非常に美しいコンサート・ホール25選 - DNA

ゴミから作り出した楽器で子ども達に音楽教育を与える交響楽団のドキュメンタリー「Landfill Harmonic」 - DNA

実はとても美しい楽器内部のマクロ写真を使った「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」ポスター6枚 - DNA

ギレルモ・デル・トロ監督が決して手離さない「あのノート」の驚くべき中身の画像いろいろ - DNA

すべてが物語の中に!巨大な本を積み重ねたような音楽フェスの舞台セットがすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧