アートとデザイン

インドの消えゆく職業の人々を捉えたモノクロ写真集「Marginal Trades」


約200年の間、インドのある階級の人々はカースト制度により家業から離れることが許されていませんでした。しかし最近は状況が変わってきており、昔からある多くの職業が急速に消えつつあります。インドの歴史になりつつある職業の人々のモノクロ写真集「Marginal Trades」です。インドの社会環境も着実に変化しつつあるようです。

インドの職業といえば、知られざるすごい職業として配達エラー率わずか0.00000625%のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」を以前に紹介しましたが、その他にもたくさんのインドっぽい職業もあります。

1. 製材所:4800円/週

2. 耳掃除屋さん:2700円/週

3. 牛を連れた聖職者:1940円/週

4. ストリート・タイピスト:1210円/週

5. 箒(ほうき)職人:1940円/週

6. サトウキビ・ジュース屋さん:2330円/週

7. 焼き物職人:2420円/週

8. 人力車:1160円/週

9. ストリート・占い師:4850円/週

10. オイル缶屋さん:2040円/週

11. ナイフ研ぎ師:3880円/週

12. 祭りのドラマー:2420円/週

13. チャイワーラー(ストリートお茶屋さん):2万円/週

14. 肉屋さん:14ドル

15. ストリート散髪屋さん:2520円/週

16. ストリートの料理屋・ケータリング屋さん:5830円/週

17. 路上掃除人:1260円/週

18. カーリー寺院の聖職者:1940円/週

19. バンドパーティーボーイ:580円/回

20. 溶接屋さん:9710円/週

これらの写真はニューヨークの写真家 Supranav Dash 氏の作品です。

ソース:Marginal Trades I — SUPRANAV DASH

関連記事

発展途上国から先進国まで、世界各国の公務員の給料と執務室の写真 - DNA

散らかっているのになぜか落ち着く、色々な職業のワークスペースの写真集「Workspace」 - DNA

いろいろな職業や年齢の外国人に「いつも持ち歩いているもの」を見せてもらった写真24枚 - DNA

世界で活躍するセレブやスーパースターたちが成功する前の意外な職業25選 - DNA

ゲーム内の分身「アバター」と「実際の自分」を比較した写真17枚 - DNA

西アフリカ・ガーナで独自の進化を遂げたアート棺桶の画像いろいろ - DNA

いろんな仕事の「他人からのイメージ」と「実際自分がやっていること」の違いについてまとめ - DNA

インド・ヴァラナシのサドゥーたちの世界を写した写真集「Holy man」とドキュメンタリーフィルム「Beyond」 - DNA

インドとパキスタン国境の衛兵たちによる超攻撃的な「国境ゲート閉鎖式」の様子 - DNA

ある特別な工夫が特徴的なインドでの行列の作り方 - DNA

インドやパキスタンの女性たちの手や足に施された非常に美しいボディー・ペインティング「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」写真21枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧