世界のびっくりニュース

わずか数秒でまだ使えるアルカリ乾電池がどうかを判別する方法


テレビのリモコンをはじめ、まだまだたくさんの機器で使われている乾電池。まだ使えるのかもう使えないのか外見からは分かりませんが、実は数秒で簡単に判別できる方法があるのです。

動画はこちらから。
Amazing Way to Test Batteries! – YouTube

こちらの動画もアルカリ電池で同様の実験を行っています。
How To Test a AA battery, Easiest Way For Any Battery Fast, Easy! – YouTube

アルカリ乾電池は使用すると内部でガスが発生し、底が若干ふくらみます。なので平らな面に落とすと音が違ったり倒れたりするわけですね。もちろんメーカーや状態によってそうならないことも多いと考えられるので、あくまで目安の一つとして使ってみてください。

関連記事

1890年にアルベール・ロビダが描いた未来予測小説「20世紀、電気の生活」の挿絵 - DNA

戦慄の動画「電撃ハエ叩き」におしっこをかけるとこうなる - DNA

むくむくの犬に静電気をためるとなんだかオーラを感じることが分かる動画 - DNA

[閲覧注意]直流電気と交流電気、どっちが痛いか試してみた動画 - DNA

電気は生きている、雷を秒間7207コマで撮影した超スローモーション動画 - DNA

11万ボルトの高圧電線をうっかりショートさせるとこんな感じになる - DNA

これは期待通り、電流フェンスから順番に手をつないでいく感電実験の動画 - DNA

世界初、太陽電池と手回し発電機を備えたカメラ「Sun and Cloud」 - DNA

イギリスで初の「人力発電所」がオープン、無料ジム施設に発電機を組み込み - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧