世界のびっくりニュース

日本語の擬音て独特なの……世界17の言語で動物の鳴き声を再現した動画「Bow Wow Meow」


犬、ネコ、ニワトリ、牛、豚など誰もが聞いたことのある動物の鳴き声を17の言語で表現したもらった動画です。日本語では犬は「ワンワン」、ブタは「ブーブー」、ニワトリは「コケコッコー」と鳴くものだとされていますが、どうやら外国では違ったように聞こえているようです。日本語はちょっと異質なのかも……と何となく気がついてしまいました。

以下の17の言語で動物の鳴き声を表現してもらっています。

英語、中国語(普通話)、フランス語、イタリア語、スペイン語、トルコ語、ヒンディー語(インド)、フランス語(カナダ)、ルーマニア語、日本語、ロシア語、オランダ語、ベルギー語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(コロンビア)、スワヒリ語(東アフリカ)、モンゴル語。

動画はこちらから。
Bow Wow Meow – Animal Sounds in Different Languages on Vimeo

動物の鳴き声を比べてみると外国人とのコミュニケーションも楽しくなりそうです。ちなみに「世界中の100言語で「愛してる」と言う方法を学べるWebサイト「Memerise」」はもっともっと実践的に使えます。

関連記事

たった2人の使用者どうしの仲が悪いためにメキシコの「アヤパネコ語」が絶滅の危機 - DNA

プレーリードッグはかなり複雑な言語でコミュニケーションをとることができる - DNA

驚きの才能、左右の手で異なる言語の文章を書ける中国の女性の動画 - DNA

トールキン自身が「エルフ語」の詩を朗読している動画 - DNA

結構違う「スーパーマリオブラザーズ3」の日本語版と英語版を比較した動画 - DNA

IBMの超コンピュータ「ワトソン」にスラングを教えたら大変なことになった - DNA

あるプログラム言語で最も使用されているキーがよくわかるヒートマップ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧