世界のびっくりニュース

[字幕動画]「人生最高の瞬間はブルース・リーに負けたとき」ジャッキー・チェン、師父を語る


伝説が受け継がれる瞬間に立ち会えることはなかなかありません。香港アクション映画を世界に広めるきっかけとなったブルース・リーと、その「後継者」であるジャッキー・チェンという2人の伝説の出会いについて、ジャッキーが語ります。なんとも心温まるエピソードです。


下の「Select Language」タブから「Japanese」を選択して再生すると字幕が表示されます。動画が表示されていない場合は、何度か「F5」キーを押してページの表示を更新してみてください。

 
「燃えよドラゴン」はジャッキーがまだまだ無名のころ、1972年の映画。インタビューで語られる「ある出来事」によってジャッキーは見いだされます。

動画からはジャッキーのブルース・リーに対する大きな尊敬の念を感じます。それほどまでに当時、ブルース・リーの存在感というのは強く、大きなものがあったのでしょう。

ブルースが死んだのは「燃えよドラゴン」の撮影が終わった直後のこと。すべてをつぎ込んだ作品は世界中で大ヒットし、カンフー映画とブルースの名を一気に有名にしました。偉大な作品の影には、偉大なエピソードがあるものですね。

関連記事

カンフーから大戦争まで、大迫力の「格闘シーン」を思う存分楽しめるマッシュアップ動画 - DNA

かわいい赤ちゃんとぬいぐるみのドラゴンの死闘を描くカンフー動画「Dragon Baby」 - DNA

香港航空の女性客室乗務員、酔っ払いの客が増えすぎたのでカンフーが必修に - DNA

中国・少林寺で武術の修行に励む僧達の画像 - DNA

少林寺の修行僧たちの動きをスローモーションで捉えた映像 - DNA

イエスが出て殺す!キリストがゾンビ軍団を殲滅するアクション映画「Fist of Jesus」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧