ネット・PC

「Google Glass」での写真や動画の撮影は注意が必要かも?


どんな時でもインターネットと繋がっていることが出来るヘッドマウントディスプレイ方式のコンピュータ「Google Glass」。画期的なウェアラブル・コンピュータとして注目されているのですが、写真撮影をする場合にちょっと困ったことが起こってしまう可能性を示唆する動画「Google Glass Photographer」が話題になっています。これは意外と重要なことかも……。

動画はこちらから。ウィンクでシャッターを操作する機能はとても魅力的ですが、問題はそこじゃなかった。
Google Glass Photographer – YouTube

1. 花のマクロ撮影はこんな感じに

2. ピアニストの演奏中にみせるしなやかな指先の動きを撮影中

3. カップルの撮影は困難を極める模様

4. 車のフロントをなめるように撮影する場合

Google Glassのカメラにはデジタル、オプティカル方式ともにズーム機能がなく、写真として何かを取りたい場合には顔を近づける方法以外はない……と。かの偉大な写真家ロバート・キャパの言葉「If your pictures aren’t good enough, you aren’t close enough」を実践するとちょっとアレな感じになってしまうかもです。

もちろんパロディ動画なのですが、「写真を撮ることに集中しすぎてしまっているカメラマンたちの写真」の例もあるように、どんなに機械が進化しても操作するのは人間。撮影に集中し過ぎてもいけないようです。

関連記事

写真を撮ることに集中しすぎてしまっているカメラマンたちの写真50枚 - DNA

Googleストリートビューの写真をルートにそってタイムラプスにする「Google Street View Hyperlapse」 - DNA

データの鬼、Googleが解析した「よい上司を製造する8つの条件」 - DNA

Googleっぽさ全開、世界10ヶ所の独創的なGoogleオフィス内部の写真155枚 - DNA

特許文書からみたGoogleの眼鏡型デバイス 「Glass」の秘密 - DNA

Googleを辞める人たち - DNA

「Googleで最も不愉快な仕事」は正社員ではなく契約社員が行っている - DNA

圧倒的な物量で魅せる世界のGoogleデータセンタの内部写真いろいろ - DNA

人体版Googleマップ「Google Body Browser」で体内を探検する - DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧