エンタメ

スピルバーグ監督の次回作は米軍史上最高の狙撃手の自伝の映画化と報道


アメリカ映画界きっての映画製作者、スティーブン・スピルバーグの次の題材はアメリカ軍史上最高の狙撃手、クリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」であることが明らかになりました。主演はリメイク版「特攻野郎Aチーム」のフェイスマン役、ブラッドレイ・クーパーの予定です。


報道によれば、新作はワーナー・ブラザーズとドリームワークスの共同制作。アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シールズに所属し200人以上を殺害したアメリカ軍史上最高の狙撃手、クリス・カイルの自伝である「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」を映画化します。

同著はテキサス生まれの若者が海軍に入り、PTSDの兆候に悩まされながらもイラクで戦い抜いたそのリアリスティックな内容が話題となった自伝。ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに18週間も残るという人気っぷりでした。クリス・カイルは除隊後、PTSDに苦しむ退役兵のサポートを行っていましたが、2013年2月にそのうちの一人に射殺されるという最後を迎えています。

主演はリメイク版「特攻野郎Aチーム」のフェイスマン役、ブラッドレイ・クーパー。リリースは2014年の第1四半期を予定となっています。

現代アメリカ軍の狙撃兵もの、といえば「山猫は眠らない」や「極大射程」「ジャーヘッド」などごく限られたものしかありません。「プライベート・ライアン」から戦争ものの描写には定評のある監督の作品だけに期待がかかります。

ソース:Steven Spielberg’s Next Movie: ‘American Sniper’

関連記事

米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ(Navy Seals)はなぜ「ハイ・レディ」ポジションを多用するのか、シールズの現役少佐に直接聞いてみた - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

アメリカ海軍特殊部隊シールズのプロトタイプ迷彩服の画像が流出か - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

コードネーム「グレイ・フォックス」、ビン=ラディン殺害の裏で動いていた米軍の超極秘部隊ISA(情報支援活動部隊) - DNA

[字幕動画]音楽の力、狙撃兵を止めるため響き渡った「戦場のトランペット」 - DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧