科学と技術

人間には不可能な精度と速度で刃物を扱う産業用ロボットのパフォーマンス・デモ動画


自動車や精密機械の工場では、もはや欠かすことのできない産業用のロボット。しかしその真の性能を知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。日々黙々と活躍する3台のロボットが超複雑な動きを超高速でデモします。目で追うだけでも大変です。

スイスに本社を置くABB(アセア・ブラウン・ボベリ)社の産業用ロボットの2台のアームに取り付けられたファンタの缶の間を、ピンがすり抜けていくように制御されています。これだけギリギリの距離だと予めこの動作をプログラムすることすら難しそうです。
ABB Robotics – Fanta Can Challenge- Level II – Superior Motion Control – YouTube

こちらの動画は産業用ロボットが精密なビリヤードをしています。手玉の止まりっぷりを見るとこいつにゃ勝てそうにありません。
ABB Robot Playing Snooker – YouTube

ISOでは「3軸以上の自由度を持つ、自動制御、プログラム可能なマニピュレータ」と定義されている産業用ロボットですが、そろそろ大きな工場では人間のようなロボットが登場しても不思議ではないと思えてきます。

関連記事

不気味な速さ、DARPA謹製チーター型ロボットが走行速度の世界記録を達成 - DNA

量産型・刀削麺ロボット軍団のものすごく威圧的な動画 - DNA

世界の任天堂が「ルンバ」の20年前に作っていた自動掃除ロボット「チリトリー」 - DNA

あの四本足ロボット「LS3」、「人の後ろをついて歩く能力」を獲得 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 - DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 - DNA

怖いくらい完璧に人間の赤ちゃんの動作をシミュレートしているロボット「アニマトロニクス・ベイビー」の動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧