アートとデザイン

あらゆるものを女性用大人のおもちゃに変身させるマシン「Dildo Maker」


棒状で削れるものならなんでも女性用大人のおもちゃに変身させてしまうという天才的発想により編み出されたのがこちらの「Dildo Maker」。ある有名なデザイナーの作品にインスパイアされたものであり、使い方もかなり似たものになっています。

1. ストリームライン・モダンのムーブメントのアイコンにもなっている、1993年にインダストリアルデザインの草分けとして知られるパリ出身のデザイナー「レイモンド・ローウィ」がデザインした鉛筆削り。

この作品をデザインしたアーティストの Francesco Morackini 氏によると「新しい時代のデザイナーたちは、常に新しいミッションを課せられており、良い製品は、品質や効率、価格が良いだけではなく美しい見た目も重要」とのこと。

そして、この作品については「Dildo Makerの目的はユーザが本当に求めているものである「喜び」を提供すること」とも語っています。

2. そしてこちらがDildo Maker。かなりレイモンド・ローウィの鉛筆削りに影響を受けているデザインです。

3. ほぼどんなものでも加工出来ます

Dildomakerの使い方はとても簡単です。鉛筆を削るように作れます。

「※注意:全ての柔らかい素材のものは、削る前に凍らせてくだいさい!」 とのこと。

4. 計算式で表現するとこんな感じになります

5. 肉食の貴女へ

6. ベジタリアンの貴女へ

7. 冷え性の貴女へ

8. 自然を愛している貴女へ

これらはオーストリア・ウィーン在住のアーティスト Francesco Morackini 氏の作品です。

ソース:Francesco Morackini

関連記事

とてもスタイリッシュで洗練された女性用大人のおもちゃ「Whoop-de-doo」 - DNA

大人が子どものおもちゃでかっこ良くスタイリッシュに遊んでいる写真集「Back To Childhood」 - DNA

中国の巨大工場で働く労働者と彼らが作ったおもちゃの写真集「The Real Toy Story」 - DNA

中毒性高し、グレープフルーツの中身を直接ジュースにできる「おかしなグレフルチューチュー」のCM動画 - DNA

手書き派は注目、かわいいビーバー型の鉛筆削り - DNA

長い棒を咥えた犬がにっちもさっちも行かず困り果てている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧