アートとデザイン

時よ止まれ、100個のカメラを使用した「マシンガン撮影」で360度全周のバレットタイム動画を撮影


半周上にカメラを配置して端から一気に撮影すると、被写体はほとんど動いていないのに映像はぐるりと回りこむといういわゆる「バレットタイム」な動画が作れます。昔は35mmの一眼レフカメラを使って1コマずつ撮影し、それを切り貼りすることで作られていたのですが、今は安いデジタルカメラを使ってお手軽につくることが出来るようになりました。


真ん中のステージを囲むように100台のデジタルカメラが並べられています。

特殊なファームウェアを使ってボタン一つで映像が同期します。

このリグを使っていろいろなものを撮影しているのがこちら。メイキングもなかなか面白いです。
Making of the OTE & Cosmote 360° timefreeze project on Vimeo

他の撮影サンプルも動きがダイナミックかつ幻想的です。
A Moment In Time on Vimeo

Timefreeze Worx | 2009 on Vimeo

ソース:Freezing Time and Space Using a Bullet-Time Rig of 100 Digital Cameras

関連記事

水着美女をフラフープに取り付けたカメラで撮影すると圧倒的な景色が現れる - DNA

HDR撮影されたポーランドの教会の動画がどう見てもファンタジーRPGの1場面にしか見えない - DNA

サーフィンを「バレットタイム」で撮影した時空のねじれを感じる動画 - DNA

ハイスピードカメラを使って列車からホームを撮ると「マシンガン撮影」風の動画になる - DNA

完全に人力でマトリックスの「マシンガン撮影」を撮影しているアクションショーの動画 - DNA

映画「マトリックス」は何から生まれたのかを徹底解剖する動画「Everything is a Remix: The Matrix」 - DNA

「マトリックス」の一大銃撃戦シーンの音響を全てアカペラで歌い上げた驚異の動画 - DNA

特殊効果盛りだくさんな映画のワンシーンとその撮影風景を比較した写真20枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧