アートとデザイン

重厚かつ流麗、昔の日本の新聞広告のタイポグラフィいろいろ


相撲の番付表や歌舞伎の看板など、本当に大昔から日本のタイポグラフィに近代的なものがまざりはじめたころのデザイン黎明期のものは、今の目で見てもとんがっていて面白いものがたくさん存在しています。

1. 「空前の大景品進呈」版画風のデザインがいい。

2. 「美顔水は化粧界流行の生粋です」

3. ひときわ目を引く「牛豚肉問屋」

4. 「御国化粧品」

5. 「本日〆切」

6. タイポグラフィもすごいのですが「申込権にプレミアムが付かう」という言い回しが今も昔も変わらない感じ。

7. 「生殖機能」ですよ。

8. 「ネオス・A」ですね。

9. 小説誌の広告。これは読みたい。

10. 今でもありそうなタイポグラフィ

11. ドラマチックな「洪水のごとき下痢」

12. めちゃくちゃかっこいいですね。

ソース:Bold Typography in Vintage Japanese Newspapers

関連記事

大正~昭和時代初期にかけて作られたノスタルジックな日本のポスター50枚 - DNA

日本の2大アート「ゲーム」と「浮世絵」をマッシュアップした力作「Ukiyo-e Heroes」 - DNA

大正・昭和時代に発行された日本の雑誌のレトロモダンなビンテージ表紙24選 - DNA

アナログ全盛期、70年代はいったいどのようにして新聞を作っていたのか? - DNA

大正・昭和前期の非常にデザイン性の高い日本の「マッチ箱ラベル」コレクション40選 - DNA

[閲覧注意]江戸時代に書かれた日本画調の人体の解剖図や骨格図いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧