科学と技術

BMWモトラッド、伝統の「空冷水平対向エンジン」搭載のネオクラシック・バイク開発中、90周年を記念し2013年にリリース予定


BMWの二輪部門「BMWモトラッド」の製品は、日本やイタリアのバイクとはまた違った独特の哲学があり、熱烈なファンがいることで知られています。2013年の設立90周年を記念して、同社のクラシックバイクを彷彿とさせるデザインの新ラインアップが開発中であることが明らかにされました。


2012年11月15日から18日まで開催されていた第70回ミラノ国際モーターサイクル展示会(EICMA)で発表されたもの。

2013年に空冷版R1200GSをラインアップに加えるというニュースに加え、BMW二輪部門90周年を記念して「クラシック調」「空冷ボクサーツインエンジン」の新車を発表するとのこと。

ニュースリリースでは排気量などスペック詳細は明らかになっておらず、外見についてもバナーでシルエットが展示されたのみ。プレスリリースには

BMWモトラッドの90年間の遺伝子を伝えるべく、新しく、独特なバイクが2013年に登場します。情感あふれるスタイリングと先進的な技術の融合によって、非常に多面的なコンセプトとなるでしょう。

とあり、いわゆるネオクラシック路線を狙ってくると思われます。

最近の先進国では二輪車の性能競争によるシェア争いはひとまず落ち着いたというか頭打ちの時代を迎えており、様々なデザインによってユーザーを獲得する方向が模索されています。

特にレトロ調のバイクはメジャーな各社がラインアップしています。英トライアンフ社、米ハーレー社などがっちり伝統的なデザインを墨守しているメーカーにはじまり、カワサキ(「W800」「エストレア」)、伊モト・グッツィ社(「V7」)など旧製品のデザインをブラッシュアップさせて復活させる例が近年多く見られます。はたまたインドのロイヤルエンフィールド社のように何十年も基本的なモデルチェンジをしていないメーカーもあります。

BMWはこれまで「あえてクラシカル」なデザインのバイクはリリースしてきませんでしたが、他社のラインアップを考えるとこうした動きは必然と言っていいでしょう。はたしてどのようなデザインが出来上がってくるのでしょうか。

こういう感じのを期待したいと思います。
File:BMW R90S gold 1975 r TCE.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia

ソース:EICMA 2012: BMW show mostly repeats | CMG News

関連記事

お値段25万円の250cc単気筒カフェレーサー「Cleveland CycleWerks Misfit」 - DNA

まさかのホンダ・CRレーサー風デザイン、125ccの公道向け量産バイク「Skyteam Ace」 - DNA

本物のクラシックバイクメーカー「Royal Enfield」が2車種のモデルチェンジを発表 - DNA

カワサキのネオクラシックな新バイク「W800」の詳細がリーク、仕様も一部明らかに - DNA

過去と未来の融合、クラシックレーサーを電動バイクにコンバートした「Volta」 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 - DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ - DNA

ノートン・フェザーベットフレームにハーレーのVツインエンジンを積んだハイブリッドバイク「Norley」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧