科学と技術

ゲームはここまで来た、もう本物の市街戦演習にしか見えない「Arma2」の動画


近年は都市化が進み、どこの軍も市街戦を重視するようになりました。テレビなどでもよく、実際の市街を模した施設で軍が訓練しているところを見ることがありますが、まさにあの映像にそっくりな動画をFPSゲーム「Armed Assault 2(Arma2)」で作ってしまった動画です。


制作したのは、特にリアルさを追求するコミュニティ「ShackTac」のメンバー達。グループには現役軍人・元軍人も多く所属しており、実際の兵士の行動に忠実なゲームを楽しんでいるそうです。

「Arma2」自体も、爽快感やアクション性を重視する他のゲームと比べて、現実の軍事行動をシミュレートするという方向性なので、このような動画は特に映えます。制作にあたってはAIの駆動によるサーバーの負荷を下げるため、別PCにAIのコントロールを振り分けられました。

作戦名「Chimney Sweep」はこの小さな町が舞台。この建物を実際に1つ1つ相当し、町全体を制圧するのが目的です。

間隔をあけて前進する部隊。

1列になって家屋を掃討する班。ニュース映像で見たまんまの光景がゲームの中で繰り広げられます。

実際に敵が見えないのも現実通り。

戦場ではひっきりなしに敵が出てくるというのはほとんどなくて、銃を撃っている時間はごくごくわずか。残りは移動したり待機したりしている時間がほとんどとなります。あまりのリアルさに実際の訓練を撮影したかのようです。

いろいろと随所にこだわりが見える動画はこちらから。
ShackTac – Chimney Sweep – YouTube

こちらがアメリカ海兵隊による実際の訓練の様子。比べてみると非常に面白いです。
Marines Conduct MOUT Training – YouTube

関連記事

アメリカ軍の「訓練用アフガン村」の画像15枚 - DNA

[閲覧注意]B級映画スタジオから軍の訓練機関へ、ハリウッドの技術が米軍の訓練を支援する - DNA

[閲覧注意]訓練用のリアルすぎる負傷兵マネキン「Tactical Operations Medical Manikin」 - DNA

笑ってしまうくらい火薬多すぎ・危険過ぎなロシア警察SWATの突入訓練 - DNA

これは大人版キッザニア、「ビンラディン殺害作戦」を体験できるアトラクションが登場 - DNA

FPSゲームを極めるための訓練ゲーム「FPS Trainer」 - DNA

ホンモノのジェット機のコックピットで遊べるフライトシミュレータを自作した男 - DNA

建物で発生する「人の渋滞」を解析して設計に役立てる群衆シミュレータ「MassMotion」 - DNA

偏執的なまでに細かい設定が可能な自動車工場運営ゲーム「Automation」が開発中 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧