世界のびっくりニュース

麻薬王「パブロ・エスコバル」の奇妙なオブジェ満載な大邸宅「Hacienda Nápoles」の画像いろいろ


南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが所有していた廃墟と化している別荘島を紹介しましたが、今回はパブロ・エスコバルの広大な敷地(約20平方キロメートル)にあった大邸宅「Hacienda Nápoles」の紹介です。世界のコカイン市場の8割を支配し、世界でも有数の大富豪に上り詰めたパブロ・エスコバルの大邸宅は、奇妙とも言えるオブジェや監視塔や飛行場など独特な雰囲気があります。そして、現在は誰でも中に入ることが出来るテーマーパークとして開放されています。(2007年に開園)

1. 飛行機が乗ったエントランスゲート

2. 入口を抜けたところにあるプール

3. 池の上に飾られた翼竜・プテロダクティルス

4. ピンクのカバ

5. オウムたちの家

6. 壊れたホバークラフト

7. ボロボロになっている監視塔

8. 闘牛場

9. プライベートの滑走路

10. かなり広大な敷地だということがわかります

11. ヘリコプターと監視塔

12. 温室

13. テニスコート

14. 現在は破壊されてしまっているメインハウス

15. ヘリコプター発着場近くにあるゲストハウス

16. 小高いところから撮影されたメデジン。パブロ・エスコバルがメデジン・カルテルを気付きあげたところです。

「Hacienda Nápoles」の内部を撮影した動画です。
Hacienda Napoles – YouTube

ソース:Photos: Drug Lord Pablo Escobar’s Colombian Mansion, Which is Now a Quirky But Dilapidated Theme Park

関連記事

南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが所有していた廃墟と化している別荘島「Drugs islands」 - DNA

廃墟となり不法占拠されているアフリカで最も豪華だったモザンビークのホテル「The Grande Hotel」 - DNA

街ごと砂漠にのみこまれつつあるアフリカ・ナミブ砂漠のゴーストタウン「コールマンスコップ(Kolmanskop)」 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

廃墟となった精神病院で撮影されたファンタジックなHDR動画「Asylum」 - DNA

役作りのマジック、稀代のワルどもとそれを演じた俳優たちとの比較画像21枚 - DNA

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ - DNA

見ているだけで脳内麻薬が吹き出てきそうになる写真42枚 - DNA

麻薬組織の密輸用潜水艦の中はこんな風になっている - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧