科学と技術

パソコン背面のケーブル接続が難しい?そんな事はないと主張している1枚の画像


ノートPCではなく、据え置き型のパソコンを選ぶ理由の一つとして「余計なケーブルをごちゃごちゃと接続しなくていいから簡単そう。ケーブルは苦手」という初心者の人は多いと聞きます。しかしあれって本当に難しそうなのでしょうか?「そんな事はない、簡単だ!子どもでもできる」と物申している1枚の画像の紹介です。

「ごめんなさい、でもこれが真実です。」と題された、赤ちゃん用形合わせの知育玩具とパソコン背面部のケーブル接続を比較した画像。実はパソコン関係のケーブルというのは規格によってきちんと色分けされていたり、違う種類の穴や向きでは刺さらないようにできています。なので刺されば正解。

穴の上下が違うのに無理やり挿そうとして壊してしまう……という事故は時々見かけますが、これも子どものおもちゃと同じことですね。若干整理されていないのはオーディオ周り。古くからある規格だけに変更は大変そう。こればかりは慣れですね。

ちなみにUSBコネクタについては上下を気にせずさせるハブも登場しています。コネクタの上下をいちいち気にしたくない人はこちらをどうぞ。

ソース:I'm sorry, but it's true. – Imgur

関連記事

世界初、USBコネクターの上下を気にせず挿せる「どっちもハブ」が発売 - DNA

なければ自分で作る、人間の想像力の可能性を魅せつける29枚のDIY写真 - DNA

1985年の外付けハードディスクはたったの55MBでこんなにも巨大だった - DNA

コンセントのように壁に埋め込んで使うPC「JackPC」 - DNA

RJ-45コネクタの内部にすべてを詰め込んだウルトラコンパクトなWebサーバー「Miniature Web Server」 - DNA

お値段たったの2000円、USBメモリサイズのパソコン「Raspberry Pi」が登場間近 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧