科学と技術

みんなのための「フルサイズ一眼レフ」小型・軽量ボディーのニコン「D600」もうすぐ発売


銀塩フィルムの1コマと同じ大きさの「フルサイズ」センサーを用いたカメラは昔から仕事をしているプロのニーズが多く、ラインアップもそれを反映してかなりお高め・大き目の製品が多いのですが、2012年9月27日から発売される「D600」は同社フルサイズ機最小・最軽量のボディサイズで、趣味の写真好きにもとても扱いやすい機種に仕上がりました。


「D600」はニコンのフルサイズセンサー搭載機では最小・最軽量となるもの。フルサイズといえば今までは「D4」や「D800」などプロ・ハイアマ向けのものしかありませんでしたが、これで選択肢が広がります。

お手軽方向にふったカメラですがマグネシウムボディで非常に堅牢。このあたりは「フルサイズ機」にかけるニコンのポリシーを感じます。

いわゆる軍艦部。シーンダイヤルと連射速度ダイヤルがD800等から変更になりました。シャッターボタンの手前の録画ボタンからわかるように動画も撮影が可能。

モードの変更はラクになりました。ISO感度調整は機械任せという普及機と同じ設計コンセプトです。

SDカード型無線LANカード「eye-fi」にはニコンが対応を表明していますが、こちらの純正ワイヤレスユニットWU-1bも同じようにワイヤレスでデータの同期が可能となっております。

古い仕様のAFレンズをそのまま使えるオートフォーカス用モーター内蔵式。コンパクトカメラやエントリー向け一眼レフではあと一歩物足りない、フルサイズセンサーの絵作りを手軽に楽しみたいという人にはかなりオススメの一台です。詳しい仕様は以下の公式ページからどうぞ。

ソース:D600 | ニコンイメージング

関連記事

技術の粋を集めた一眼レフ「Nikon D4」のマグネシウム合金むき出しのフレーム - DNA

ホンモノのゴツゴツ感、軍用暗視レンズをつけたかっこ良すぎるニコン・D700 - DNA

ミドルレンジの一眼カメラにもバッテリーグリップを、JTTが「DODA-E」を発売 - DNA

機材に合わせて自由にレイアウトを変えられるカメラバッグ「TrekPak」 - DNA

殴っても燃やしても大丈夫、Canonのデジタル一眼レフ「EOS 7D」のあきれるほどの丈夫さがわかる動画 - DNA

アフガンの米軍兵士によるペンタックスの一眼レフ「K-5」と「K-7」の防塵防滴構造のテストしている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧