アートとデザイン

いつの日かひと夏を過ごしてみたい、常夏の海に浮かぶ水上バンガローの写真いろいろ


南の島や常夏のリゾート地の水上バンガロー(水上コテージ)は、ひと夏でなくても、1泊でも2泊でもいいからいつかは行ってみたいと思わせる魅力にあふれています。そんな赤道直下付近のリゾート地の水上バンガローのあるリゾート地の紹介です。携帯電話やパソコンなど日本に放り出し、こんな憧れの環境でゆっくりとリラックスしてみたいですね。

1. ボラボラ(フランス領ポリネシア)

数多くの島からなるフランス領ポリネシアの中でも、最も美しいとされるボラボラ。透明度が高く無限とも思えるブルーラグーンのグラデーションなどから「太平洋の真珠」とも呼ばれています。

ハネムーンで利用されることが多いため、夜の街も騒がしくなく非常に静かで穏やかなボラボラ。

島の中央には標高727メートルのオテマヌ山があります。

タヒチ島から飛行機で約50分のボラボラ島。空港のあるリーフからホテルのある島へはボートでしか行けません。

2. モーレア(フランス領ポリネシア)
フランス領ポリネシアの首都パペーテがあるタヒチ島の目と鼻の先にあり、島の形がハート型をしています。

タヒチ島から約18kmしか離れておらず、飛行機で10分、高速艇で30分と非常に交通の利便性が良く、人気のアクティビティーも揃っており家族での旅行にも適しています。

3. ランギロア環礁(フランス領ポリネシア)
総面積は1763平方km(琵琶湖の約2.6倍)の世界で2番目の面積をもつ環礁。世界中からダイバーが集まるダイビングの名所としても非常に有名。

4. フィジー
300を越える火山島とサンゴ礁からなるポリネシアの島国。

5. コロン島(パナマ)
ボカス・デル・トロ諸島の中心の島。このコロン島からまわりの小さな島にプライベートボートや水上タクシーで行く事ができます。

6. プエルト・バヤルタ(メキシコ)
高速道路、空港、ユーティリティなど、非常にインフラが整備されたメキシコのリゾート地。ベストシーズンは冬と言われています。

7. モルディブ
26の環礁、約1,200の島々から成るインド洋の島国。最高海抜が2.4メートルと、世界で最も低い国とも言われています。

8. リーティ・ラ(モルディブ)
北マーレ環礁の中で最も大きな島の一つ。年間の温度変化が殆ど無く、1月から12月の平均気温が31度から32度となっています。

9. セパン(マレーシア)
マレーシアのシリコンバレーと呼ばれるサイバージャヤ近郊にありアクセスも比較的に良いリゾート地です。

10. イスラス・デ・ラ・バイア諸島(ホンジュラス)
世界で2番目に大きなサンゴ礁があり、とても人気の高いダイビングスポットとしても有名なベイ諸島とも呼ばれるホンジュラスのイスラス・デ・ラ・バイア諸島。

ソース:14 over-water bungalows to dream about at work [PICs] | Matador Network

関連記事

めいっぱい住宅が建ち並んだ、人口密度が高そうな島10選 - DNA

ハンモックで居眠りしてみたい最高のシチュエーションの写真25枚 - DNA

白い壁と青い屋根と碧い海、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島の美麗な風景写真いろいろ - DNA

見えないくらい透明度の高い水が存在する魅力あふれる世界各地のリゾート地34選 - DNA

世界中の海に存在する濃い青色の巨大な穴「ブルーホール」5選 - DNA

今すぐ車に乗って旅に出たくなる世界中のロードトリップ写真41枚 - DNA

F1ドライバー・シューマッハがドバイの島に作った超豪華だけどあまり羨ましくない別荘 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧