アートとデザイン

「Half-Life 2」のクロスボウで殺害するシーンだけを538人ほど集めたすごい動画


「残虐ゲーム」と呼ばれているものがありますが、厳密にいうとゲームそのもが残虐なのではなく、人間はうっかり残虐プレイをしてしまうものなのです。カラっと明るいBGMのビートに合わせて、538人(匹)も射殺していくという動画を見ると、そんな人間の怖さが分かります。


Half-Life 2: Crossbow Endurance – YouTube

クロスボウで射殺することそのもののむずかしさはともかく538人(匹)の殺害シーンを撮影するというのは並大抵の時間のかけかたではありません。やっぱり人間とは畏怖の念をもって接するべき生き物なのです。

関連記事

FPSゲームの良し悪しはグラフィックスだけでは判断できないことが分かる動画 - DNA

見慣れた風景をミリタリーFPSの1ステージに変身させてしまうiOSアプリ「Real Strike」 - DNA

期待の大作FPS「Battlefield 3」64人マルチプレイ&Co-Opプレイ動画が公開 - DNA

「Call of Duty」シリーズのブラック過ぎるパロディFPSゲーム「Duty Calls」 - DNA

無限に続くマップで殺人アンドロイドから逃げまくるちょっと変わったスチームパンクFPS「Sir, You Are Being Hunted」 - DNA

リアルな射撃ゲームをプレイすると実銃の腕前も上がることが判明 - DNA

PCゲームの歴史を約2分半でまとめた動画「The evolution of PC games」 - DNA

マサチューセッツ工科大学謹製「ゲーム機シェア競争」シミュレータ - DNA

携帯電話を取り上げられた娘が父親を弓矢で撃ち「自分でなんとかしろ」と放置 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧