科学と技術

往年のストロボを再現したiPhone用LEDライト「Paparazzo Light」


古い映画を見ていると、時折四角い箱のようなカメラにパラボラアンテナのような巨大ストロボを持った人が現れますが、そんな雰囲気を再現してくれるのがこのLEDライト。気分は昔のパパラッチです。


「Paparazzo(パパラッツォ)」は見た目通りのiPhone用外付けLEDストロボ。明るさ300ルーメンのLEDをCR123バッテリ2個で光らせます。

点灯パターンは普通のストロボモードの他に、常時点灯のビデオモードと露出調整のテストモードの3つ。底部には3脚固定用のネジ穴も装備しています。

元ネタはこういう感じのレトロなストロボ。レトロな使い心地なら、ひょっとしたら写る写真もレトロになるかもしれません。
Graflex | Flickr – Photo Sharing!

動画はこちらから。
Paparazzo Light – for the iPhone 4, 4S, and “5″ on Vimeo

現在Kickstarterで出資募集中。一口45ドル(約3500円)からで発想は2013年1月になる予定とのことです。

ソース:Paparazzo Light – for the iPhone 4, 4S, and “5″ by Paparazzo Light ? Kickstarter

関連記事

写真撮影に助手なんていらない派の人必見、巨大フラッシュ装置搭載のバックパックのDIY写真 - DNA

トイカメラ「ホルガ」を2200万画素のデジカメに改造した「Holga-Cam of the Apocalypse」 - DNA

衛生兵・救急隊員向けに隅々までカスタマイズされた懐中電灯「TOMAHAWK TC3」 - DNA

機材に合わせて自由にレイアウトを変えられるカメラバッグ「TrekPak」 - DNA

トイカメラ「ホルガ」を2200万画素のデジカメに改造した「Holga-Cam of the Apocalypse」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧