世界のびっくりニュース

どう変わった?1948年に開催された前回のロンドン・オリンピックの開会式の様子


イギリスはロンドンでオリンピックが開催されるのは1908年、48年ときて2012年で3回目。こちらは2回目、64年前の1948年に開催された前回のロンドン・オリンピックの開会式の様子を収めた写真です。戦後すぐということで残念ながら日本は参加していませんでしたが、現在のものと比べてみるといろいろ面白いところが見つかります。


1940年、1944年のオリンピックは戦争で開催されなかったため、このロンドン・オリンピックは36年のベルリン・オリンピック以来実に12年ぶりの開催となりました。

爆撃を受けたロンドンは回復しきっているとはいいがたい状態でしたが、それでも急ピッチで整備がすすめられ、戦争の暗闇をはらう象徴的なイベントとなったそうです。

また、陸上の短距離走競技でスタート時に足を置くスターティングブロックが採用されたり、水泳でははじめて室内プールが使用されるという進歩も見られました。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11. 「オリンピックは勝利ではなく参加することに意義がある。人生で重要なのは勝利ではなくよく戦うことである」という創始者・クーベルタン男爵の言葉。

12.

1948年のロンドン・オリンピックの開会式の動画はこちらから。
Olympic Ceremony Database – London 1948 (Opening Ceremony) – olympicceremony.org – YouTube

ソース:BBC – Archive – The 1948 Olympics – 1948 Olympics: Opening Ceremony

関連記事

2012年に開催されるロンドンオリンピックの公式ポスターが公開 - DNA

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

競技に合わせて体の一部をデフォルメした選手たちのオリンピック・ポスター8枚 - DNA

いろいろな競技のオリンピック代表選手が1日で消費する全食事を並べた写真 - DNA

究極の肉体美を持つ2012年ロンドン・オリンピック代表選手たちのストレッチ写真35枚 - DNA

ロンドン象徴「ニ階建てバス」が現代の技術により生まれ変わって復活 - DNA

心をワシ掴み、過去100年の間に撮影された非常にパワフルな写真40枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧