科学と技術

バイクのサイドカーをウラル社の職人さんたちが手作りで製作している動画


第二次世界大戦時にドイツ軍が使用していたBMW社のバイクを完全コピーするところから始まったロシアはウラル社のサイドカー(側車付きバイク)。現在でも最新のテクノロジーに頼ることなく、職人さんたちによるハンドメイドで生産されています。

そんなウラル・サイドカーの工場での職人さんたちによる制作風景の動画の紹介です。ただの鉄板が職人の技術により製品になっていく姿を見ることができます。

側車部分を制作中の職人です。これぞ、ロシアのクラフトマンシップ。人間の手で作れるものは人間の手で直すことができるもの。日本のようにメーカーの修理店ネットワークが発達していないような土地ではこうしたバイクのほうが重宝するのです。
A Labor of Love: Building a Sidecar at the Ural Factory – YouTube

こちらもウラル社の工場内を撮影した動画です。
Factory.mp4 – YouTube

ウラル社というとあまり馴染のない名前なのですが、世界的には最も生産量が多いサイドカーのメーカー。日本法人もり、国内では最も気軽に買えるサイドカーのメーカーでもあります。側車の車輪が単車部分の後輪と一緒に回るタイプのものは普通自動車免許(AT限定のみは不可)で運転できるので、ちょっと変わった交通機関を欲しい人にはウケているそう。

そんな、ウラル社の歴史についてはこちらに詳しく解説されています。
ウラル・ジャパン | ブランド歴史

関連記事

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画 - DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ - DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

「メガリ250R」は実際どんなバイクだったのか、大阪モーターサイクルショーで試乗してみた - DNA

クラシックでしかもオフロードバイク、2輪駆動で悪路を走破する「ROKON TRAIL-BREAKER」 - DNA

これはマッチョ、バイクでウィリーしながらウェイトリフティングする男の動画 - DNA

鋭くとがった非常に危険な雪山の尾根をモトクロス・バイクで暴走している動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧