世界のびっくりニュース

中国の市場で生きたガチョウの首に「ぼくおいしいですよ!」と値札をかけて批判殺到


人間、他の動物を食べないと生きてはいけないんですけれども、それにしても他にやりようがあったのではないでしょうか……。生きたガチョウに「ぼくおいしいですよ!」と値札をかけていた店主に批判が殺到しているそうです。


問題となったのは中国東部の浙江省の市場で売られたガチョウ。生きたまま食材を売るのはよくあるのですが、首にかけられた値札の文句が問題となりました。

曰く「ぼくは地元のガチョウです。おいしいですよ」とのこと。

売主は「中国では低質で汚染された肉の事件が多いから、こうして書いておいただけ」とのことですが、いくらなんでもそれはやりすぎだろう、ということで批判が殺到しているそうです。

「ガチョウは字も読めないし、食べられるとも分かっていないよ」とは言うものの、ちょっとドキっとする光景です。

ソース:Bill of Fare – Around the World News – Austrian Times Online News – English Newspaper

関連記事

根性入りすぎの変造ハードディスクが中国で発見される - DNA

中国でニセの警察学校が摘発される - DNA

これは壮観、中国の武術学校による1万人の演武パフォーマンスの画像と動画 - DNA

中国でDIYされた「電柱運搬システム」がすごい - DNA

中国にあるラブドール工場の猟奇的過ぎる画像いろいろ - DNA

対テロ格闘訓練を受ける中国の美人フライトアテンダントさんたちの画像と動画 - DNA

中国では一般道路でソファが走っている - DNA

ものすごい方法で天然ガスを持ち運ぶ中国の村人たち - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧