アートとデザイン

謎の古代文明を彷彿とさせる第二次世界大戦のトーチカいろいろ


第二次世界大戦中に世界中あちこちに建設され、そのまま廃墟となっている鉄筋コンクリート製の防御陣地、いわゆる「トーチカ」の紹介です。説明が無いと謎の古代文明にも見えてしまう、なんとも不思議な存在感が漂っている美麗な写真です。

1. 潜水艦防衛用。(イギリス・スコットランド、クラモンド島)

2. Type V143 Mammut Radar Antenna。(フランス、ノール=パ・ド・カレー)

3. Casemate Type 623。(オランダ、カウデーケルケ)

4. ラジオ発信局トーチカ。(オランダ、Spaandam)

5. Type 669 Heenschemolen。(オランダ)

6. R636 Fire Control Post。(フランス、Zuidcoote)

7. SK Observation Tower。(ベルギー、Fliegerhorst)

8. Type 703。(オランダ、Emminkhuizen)

9. Type 583a / M 178. Fire Control Post。(オランダ、エイマイデン)

10. ドラゴン歯型の戦車防御(オランダ、デン・ヘルダー)

これらの写真は、イギリス・マンチャスター出身でベルギー・アムステルダム在住の写真家 Jonathan Andrew 氏の作品です。

ソース:Abandoned WW2 fortifications. on the Behance Network

関連記事

水をかけると24時間でコンクリートの家になる魔法のテント「Canvas Canvas Shelters」 - DNA

第2次世界大戦のニュースを72年前の時刻通りにつぶやき続けるTwitterボットが登場 - DNA

第二次世界大戦中、日本人や日系人が強制収容されていた「マンザナー強制収容所」 - DNA

世界最古の航空母艦、テームズ川のほとりで腐りかけていたのを発見される - DNA

1990年代、包囲下のサラエボで撮影された人たちの当時と現在の比較写真 - DNA

捕虜がまばたきモールス信号で「拷問されている」とメッセージを送っている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧