科学と技術

1枚1億2千100万画素の超高解像度画像から作られた地球の北半球のタイムラプス動画


百聞は一見にしかず、とはいうもののここまで超高解像度の動画を見せられてしまうと、もう普通の人はこれで満足していいのではないか、というくらい克明に地球の様子を映し出したタイムラプス動画です。大きなディスプレイを持っている人はぜひHD解像度のフルスクリーンで再生してみてください。かなり幸せです。


これは2011年に打ち上げられたロシアの静止気象衛星「Electro-L」のカメラが高度4万kmから30分ごとに撮影した1枚1億2千100万画素というビッグサイズの静止画像をつなぎ合わせたタイムラプス動画。

可視光線で1ピクセルあたり1km、赤外線でも4kmという解像度の高さであらゆる自然現象をくっきりと映し出しています。
Planet Earth’s Northern Hemisphere – YouTube

上のものは可視光線画像と赤外線画像を組み合わせたもの。こちらは実際の色で撮影されたもの。
Planet Earth’s Northern Hemisphere – YouTube

南半球はこんな感じです。
Planet Earth’s Southern Hemisphere – YouTube

関連記事

地球は生きている、潮の流れをタイムラプスでとらえた動画「Perpetual Ocean」 - DNA

天の川、オーロラ、流れ星がクリアに撮影された夜空のタイムラプス動画「Temporal Distortion」 - DNA

ニューヨークの喧噪をタイムラプスでぎゅぎゅっと圧縮した動画「NYC ? Mindrelic Timelapse」 - DNA

イスラム教の聖地、メッカの1日を捉えたタイムラプス動画「FAITH」 - DNA

9か月を2分に圧縮、妊娠したお母さんのお腹が育っていくタイムラプス動画 - DNA

最果てからの旅日記、火星探索車両の3年間の軌跡を振り返るタイムラプス動画 - DNA

土星探査船カッシーニ発・宇宙の神秘を感じる動画「CASSINI MISSION」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧