科学と技術

AR(拡張現実)技術を使って「神の視点」を体験できる砂箱の動画


浅い箱に砂を敷き詰めて、様々な形を作って遊ぶことができる砂箱(サンドボックス)にAR技術とプロジェクションを使って一工夫。砂をいじるとそこに水が流れてくるように映像が投影されるという面白い仕組みの動画です。大地を作った神の視点が味わえます。


Augmented Reality Sandbox with Real-Time Water Flow Simulation – YouTube

Kinectを使って砂を掘った軌跡と深さを検出、GPUを用いて水の流れのシミュレーションを計算をした後、プロジェクタ-で砂の上に映像を投影しています。これはかなり触ってみたいですね。

関連記事

見慣れた風景をミリタリーFPSの1ステージに変身させてしまうiOSアプリ「Real Strike」 - DNA

図書館にある無数の本を並べ替える作業を支援する拡張現実(AR)システム「ShelveAR」 - DNA

AR(拡張現実)技術で自分の街を戦場にできるiPhone用3Dシューティングアプリ「Star Wars Arcade: Falcon Gunner」の動画 - DNA

「あれ、鍵をどこに置いたっけ……」から永遠におさらばできるガジェット「The Finder」のコンセプトデザイン - DNA

[字幕動画]Kinectを使ってGhost Recon Future Soldierを操作するデモがE3 2011で公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧