ゲーム

超大作「Call Of Duty: Black Ops 2」予告編動画がいよいよ公開、発売は12年11月13日


全世界・全コンソールで売れに売れまくっている超人気シリーズ「Call Of Duty」。制作スタジオを交代しながら年に1本のペースでリリースされていますが、今年も新作発表の季節がやってきました。その名も「Call Of Duty: Black Ops 2」。シリーズ初となる架空の近未来を舞台に、猛烈なアクションが繰り広げられます。

2025年6月19日。フランク・ウッズ軍曹

車いすの男が語る。

入れ墨と壁に掛けられた勲章。

シワの刻まれた顔

フランク・ウッズ軍曹は前編「Black Ops」にも出演。死んだと思われていましたが実は生きていたようです。

「技術は進歩したが人間は弱くなった」

数々の無人兵器達



60~70年代の冷戦時代を描いた前編から、約10年後の未来に大きく舞台を変更してきました。

腕に取り付けられたPDAには「D・メイスン」の文字が見えます。前編の主人公、アレックス・メイスンとの関係を推測してしまいますね。

コンピューター化が進んだ社会

「しかし、私たちを守るはずのシステムが私たちを裏切ったら?誰かが秘密の鍵を手に入れてしまったら?」

というわけで今回の敵は国際テロリストとなるようです





「そういう時代には俺たちが必要なんだ。誰もやりたがらない作戦をやりたがる俺たちが……」

銃はベトナム戦争時代のもの。回想シーンでしょうか。



どうもアメリカ大統領を警護する「シークレット・サービス」の特殊部隊らしい。

乗馬ステージがあるらしい。「アラビアのロレンス」か「怒りのアフガン」か。


動画はこちらから。
Reveal Trailer – Official Call of Duty: Black Ops 2 – YouTube

もう少し情報が欲しい人はこちら。今回制作を担当するスタジオ、Treyarchのマーク・ラミア社長へのインタビュー。システムについて様々なヒントが出ています。
Roll Call – Treyarch Announces Black Ops 2 – YouTube

概要はこんな感じ。

・10年少し後の近未来の戦争を描いた
・架空の近未来を描くため多くのリサーチをしている
ストーリーは枝分かれする(We are going to have branching storyline)
・キャンペーンモードにもたくさんの新モードを追加した
・ゾンビモードが好きだったひとは期待してほしい。がんばった。
・マルチも進化した
・今もBlackOpsを遊んでいる人たちがいるが、注意深く観察している

ごくごく近い未来の戦争もの、といえば「Ghost Recon」シリーズや「Metal Gear Solid 4」がぱっと思い浮かびます。これらの先行作品に対してどれほどの差別化ができるのか、歴史の長いシリーズだけに大量のファンがストーリーに注目することになるでしょう。前作「Black Ops」の時間軸から大きくジャンプをはたしているということもあり、Treyarchがどれくらい完成度を高めているかに注目です。

関連記事

FPSゲームの良し悪しはグラフィックスだけでは判断できないことが分かる動画 - DNA

「こんな環境でゲームが出来ればもう何もいらない」と思える超豪華なシステム - DNA

「Modern Warfare 2」の「あの謎」が明らかにされるファンムービー「Operation Kingfis」 - DNA

「モダン・ウォーフェア」のハイクォリティ過ぎる実写ファンムービー「Find Makarov」予告編 - DNA

[字幕動画]プレイヤー有志によるプロモ動画「Battlefield 3って素晴らしい(Battlefield 3 Is Just Awesome)」 - DNA

「Call of Duty」シリーズのブラック過ぎるパロディFPSゲーム「Duty Calls」 - DNA

「コール・オブ・デューティ:ブラックオプス」のB級すぎてすごい海外版CM - DNA

[字幕動画]Kinectを使ってGhost Recon Future Soldierを操作するデモがE3 2011で公開 - DNA

FPSゲームを極めるための訓練ゲーム「FPS Trainer」 - DNA

ゲーム内で射撃されたショックを体感できるベスト「FPS Gaming Vest」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧